3.8. Aggressive Link Power Management

Aggressive Link Power Management (ALPM) は、アイドル時 (I/O が存在しない時) にディスクへの SATA リンクを低電力に設定することにより、ディスクの省電力を促進する省電力技術です。I/O リクエストがそのリンクへのキューに格納されると、ALPM によって、SATA リンクが自動的にアクティブな電力状態に戻ります。
ALPM で導入された省電力では、ディスクの遅延が発生します。したがって、アイドル状態の I/O 時間が長くなると思われる場合にのみ ALPM を使用してください。
ALPM は、Advanced Host Controller Interface (AHCI) を使用する SATA コントローラ上でのみ利用できます。AHCI の詳細については、http://www.intel.com/technology/serialata/ahci.htm を参照してください。
利用可能な場合、ALPM はデフォルトで有効になります。ALPM には以下の 3 つのモードがあります。
min_power

このモードでは、ディスクに I/O がない場合に、リンクが最小電力状態 (SLUMBER) に設定されます。このモードは、アイドル時間が長くなると思われる場合に役に立ちます。

medium_power

このモードでは、ディスク上に I/O がない場合に、2 番目に電力が低い状態 (PARTIAL) にリンクが設定されます。このモードは、パフォーマンスへの影響を最小化するために、リンクの電力状態を切り替えることができるよう設計されています (たとえば、一時的に I/O が多くなるときや I/O がアイドル状態になるとき)。

medium_power モードでは、負荷に応じてリンクを PARTIAL の状態と最大電力 (「ACTIVE」) の状態の間で切り替えることができます。PARTIAL から SLUMBER に、そして再び PARTIAL にリンクを直接切り替えることはできません。このような場合は、どちらの電力状態も最初に ACTIVE 状態を経由せずに、他の状態に切り替わることはできません。
max_performance

ALPM は無効です。ディスクで I/O がない場合、リンクは低電力状態になりません。

ご使用の SATA ホストアダプターが実際に ALPM をサポートするかどうかを調べるには、/sys/class/scsi_host/host*/link_power_management_policy ファイルが存在するかどうかを確認します。設定を変更するには、このセクションに記載された値をこのファイルに書き込むか、あるいはファイルを表示して現在の設定を確認します。

重要

ALPM を min_power または medium_power に設定すると、自動的に「ホットプラグ」機能が無効になります。