第2章 電力管理の監査と分析

2.1. 監査および分析の概要

通常は、1 台のシステムを手動で詳細に監査、分析、およびチューニングすることは、そのような作業にかかる時間とコストの負担がそのシステムチューニングから得られる効果を上回るため、例外的な行為になります。ただし、ほぼ同一の大量のマシンがあり、すべてのシステムに同じ設定を再利用できる場合は、この作業を一度だけ行うことが非常に役に立つことがあります。たとえば、数千に及ぶデスクトップシステム (マシンほぼ同一の HPC クラスターなど) の導入を考えてください。監査と分析を行う別の理由は、将来にシステムの動作の劣化や変化を特定できるよう比較の基礎を提供することです。この分析結果は、ハードウェア、BIOS、またはソフトウェアの定期更新で電力消費に関する問題を避けたい場合に非常に役立ちます。一般的に、監査と分析を十分に行うと、特定のシステムで実際に発生していることを把握できるようになります。
電力消費に関する監査と分析は、最新システムを使用しても比較的難しいものです。ほとんどのシステムでは、ソフトウェアを使用して電力使用量を測定できません。ただし、例外はあります。Hewlett Packard サーバーシステムの ILO 管理コンソールには、ウェブ経由でアクセスできる電力管理モジュールが含まれます。IBM は、BladeCenter 電力管理モジュールで同様のソリューションを提供しています。一部の Dell システムでも、IT Assistant 機能により電力監視機能が提供されています。他のベンダーはサーバープラットフォーム向けに類似の機能を提供している可能性がありますが、すべてのベンダーで対応しているソリューションは存在しません。
多くの場合、電力消費の直接的な測定は、省電力量を最大化するためにのみ必要です。変更が反映されているか、システムがどのように動作しているかを確認するには、他の手段があります。この章では、そのような必須ツールについて説明します。