Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.10. Power Capping

Red Hat Enterprise Linux 7 は、HP Dynamic Power Capping (DPC)、Intel Node Manager(NM)テクノロジーなどの最近のハードウェアにある電源制限機能をサポートしています。電源上限は、管理者がサーバーで消費する能力を制限することができますが、また、既存の電源をオーバーロードするリスクは大幅に軽減されるため、マネージャーがデータセンターをより効果的に計画できます。マネージャーは、同じ物理フットプリント内により多くのサーバーを配置することができ、サーバーの電力消費が抑えられると、負荷の高いロード中の電源は利用可能な電力を越えなくなります。

HP Dynamic Power Capping

動的電源の Capping は、管理者がサーバーの電源消費を限定できる ProLiant および BladeSystem サーバーで利用可能な機能です。上限は、現在のワークロードに関係なく、サーバーが超過しない遅延です。この容量は、サーバーが電力消費制限に達するまで影響を与えません。この時点で、管理プロセッサーは CPU の P 状態およびクロックスロットリングを調整して消費した電源を制限します。

動的電源 Capping は、オペレーティングシステムとは独立して CPU の動作を変更しますが、HP の統合 Lights-Out 2 (iLO2)ファームウェアにより、オペレーティングシステムに管理プロセッサーにアクセスできるため、ユーザー空間のアプリケーションは管理プロセッサーをクエリーできます。Red Hat Enterprise Linux 7 で使用されるカーネルには HP iLO および iLO2 ファームウェア用のドライバーが含まれています。これにより、プログラムは /dev/hpilo/dXccbN で管理プロセッサーをクエリーできます。また、カーネルには、sysfs インターフェースを使用する ACPI 4.0 電力メーターの hwmon ドライバー、hwmon ドライバーも含まれます。これらの機能により、オペレーティングシステムとユーザー空間ツールは、現在のシステムの電力使用量とともに、電源の上限に設定した値を読み取れることができます。
HP Dynamic Power Capping の詳細は、HPE ナレッジ記事 『HP ProLiant Gen8 Server Series - Power Capping Settings in iLO 4 および RBSUを参照してください

Intel Node Manager

Intel Node Manager は、プロセッサーの P-states と T-states を使用してシステムの電源上限を課すため、CPU パフォーマンスを制限するため、電力消費量が消費されます。電源管理ポリシーを設定すると、システムの負荷が不足しているとき(たとえば、夜間や週末など)にシステムが消費できるように設定できます。

Intel Node Manager は、標準の Advanced Configuration and Power Interface を使用して、オペレーティングシステムの直接構成および電源管理(OSPM )を使用して CPU パフォーマンスを調整します。Intel Node Manager が T-states に変更の OSPM ドライバーに通知すると、ドライバーはプロセッサー P 状態に対して対応する変更を加えます。同様に、Intel Node Manager が P-states への変更の OSPM ドライバーに通知すると、そのドライバーは T-states を変更します。これらの変更は自動的に行われ、オペレーティングシステムから追加の入力は必要ありません。管理者は、Intel Data Center Manager(DCM)ソフトウェアを使用して Intel Node Manager を設定し、監視します。