Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.2. 例:Laptop

電源管理と節約が実際にはノートパソコンとなる可能性のあるもう 1 つの一般的な場所。通常、設計上のノートパソコンはワークステーションやサーバーよりもはるかに少ないエネルギーを使用しているため、絶対節約の可能性は他のマシンよりも少なくなります。ただし、バッテリーモードでは、保存すると、ノートパソコンから数十分バッテリーのライバネーションが数分かかる可能性があります。本セクションではバッテリーモードのラップトップに焦点を当てていますが、AC 電源で実行している間もこれらのチューニングの一部またはすべてを使用できます。
1 つのコンポーネントに対する節約は、通常、ワークステーションでの動作とは異なるラップトップの相対的な違いがあります。たとえば、100 Mbits/s で実行される 1 Gbit/s ネットワークインターフェイスは、約 3-4 ワーットを保存します。合計電力消費量が約 400 の一般的なサーバーの場合、この保存は約 1 % になります。全体の電力消費量が約 40 悪いラップトップでは、この 1 つのコンポーネントだけの省電力は、合計の 10 % に消費されます。
一般的なラップトップで特定の省電力の最適化には、以下が含まれます。
  • システム BIOS を設定して、使用しないすべてのハードウェアを無効にします。たとえば、パラレルポートまたはシリアルポート、カードリーダー、Webcams、WiFi、および Bluetooth は、いくつかの候補に名前を付けます。
  • DIM は、画面を複雑に読み取るのにフルアラミンを行う必要がないダーク環境でのディスプレイです。GNOME デスクトップ、Kickoff Application Launcher ComputerSystem Settings Advanced Power Management ( Computer+System Settings+AdvancedPower Management )、コマンドラインで gnome-power-manager または xbacklight、またはラップトップの機能キーで Preferences を使用します。
さらに、さまざまなシステム設定に対して、多くの小さな調整を実行できます。
  • ondemand ガバナーを使用します(Red Hat Enterprise Linux 7 ではデフォルトで有効になっています)。
  • AC97 オーディオ省電力を有効にします(Red Hat Enterprise Linux 7 ではデフォルトで有効になっています)。
    ~]# echo Y > /sys/module/snd_ac97_codec/parameters/power_save
  • USB 自動サスペンドを有効にします。
    ~]# for i in /sys/bus/usb/devices/*/power/autosuspend; do echo 1 > $i; done
    USB 自動サスペンドは、すべての USB デバイスでは正しく機能しないことに注意してください。
  • relatime を使用してファイルシステムをマウントします(Red Hat Enterprise Linux 7 ではデフォルト)。
    ~]# mount -o remount,relatime mountpoint
  • 画面の明るさを 50 以下に減らします。以下に例を示します。
    ~]$ xbacklight -set 50
  • 画面のアイドルに対して DPMS をアクティベートします。
    ~]$ xset +dpms; xset dpms 0 0 300
  • Wi-Fi の無効化:
    ~]# echo 1 > /sys/bus/pci/devices/*/rf_kill