Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.2. 例: Laptop

電源管理や保存が本当に移動するような重要な場所が、ノートパソコンがノートパソコンになります。設計により、ノートパソコンは、すでにワークステーションやサーバーで、絶対保存の可能性が他のマシンにとっても少なくなっています。ただし、バッテリーモードでは、あらゆる 保存で、ラップトップからバッテリーの寿命を数分進めることができます。本セクションでは、バッテリーモードにおけるラップトップに重点を置きていますが、AC 電源で実行している間に、一部のチューニングやすべての調整を使用できます。
単一コンポーネントの保存は通常、ワークステーションで実行する場合よりもノートパソコンに対してより相対的な違いになります。たとえば、100 Mbits/s ネットワークインターフェースが 100 Mbits/s で実行されている 1 Gbit/s ネットワークインターフェースは、約 3-4 の watts を保存します。総電力が 400 の約 400 の電力消費量を備えた通常のサーバーの場合、この節約は約 1 % になります。40 の総消費電力を持つラップトップでは、この 1 つのコンポーネントだけの省電力だけを、合計 10 % に削減します。
一般的なラップトップにおける具体的な省電力の最適化には、以下が含まれます。
  • システム BIOS を設定して、使用しないすべてのハードウェアを無効にします。たとえば、並列またはシリアルポート、カードリーダー、Webcams、WiFi、および Bluetooth はいくつかの候補に名前を付けるだけです。
  • DIM は darker 環境でディスプレイを読み取れず、画面の成熟的な読み取る必要がない。GNOME+System+Preferences 電源管理、Kickoff Application Launcher+Computer+System Settings+AdvancedPower Management、コマンドライン上の gnome-power-manager または xbacklight、またはラップトップの関数キーを使用します。
また、さまざまなシステム設定に対して、多くの調整を実施することもできます。
  • オンデマンドガバナー (Red Hat Enterprise Linux 7 でデフォルトで有効)を使用
  • AC97 音声省電力を有効にします(Red Hat Enterprise Linux 7 ではデフォルトで有効になります)。
    ~]# echo Y > /sys/module/snd_ac97_codec/parameters/power_save
  • USB 自動サスペンドを有効にします。
    ~]# for i in /sys/bus/usb/devices/*/power/autosuspend; do echo 1 > $i; done
    USB 自動サスペンドは、すべての USB デバイスでは正しく機能しないことに注意してください。
  • relatime を使用してファイルシステムをマウントします(Red Hat Enterprise Linux 7 でデフォルト)。
    ~]# mount -o remount,relatime mountpoint
  • 画面の明るさを 50 以下の方まで下げます。以下に例を示します。
    ~]$ xbacklight -set 50
  • 画面アイドルのために DPMS をアクティブにします。
    ~]$ xset +dpms; xset dpms 0 0 300
  • Wi-Fi を非アクティブにします。
    ~]# echo 1 > /sys/bus/pci/devices/*/rf_kill