2.4. Battery Life Tool Kit

Red Hat Enterprise Linux 7 では、バッテリーの寿命とパフォーマンスをシミュレートして解析するテストスイートである BLTK (Battery Life Tool Kit) が採用されています。BLTK は、このために特定のユーザーグループをシミュレートするタスクセットを実行し、その結果を報告します。ノートブック PC のパフォーマンスをテストするために特別に開発された BLTK ですが、-a を付けて起動すると、デスクトップコンピューターのパフォーマンスも報告できます。
BLTK を使用すると、実際にマシンを使用しているのと同程度の再現可能な作業負荷を生成できます。たとえば、office の作業負荷はテキストを書き込み、その中で修正を行います。同じ作業を表計算でも行います。BLTK を PowerTOP や他の監査または解析ツールなどと併用することで、マシンがアイドル状態の時だけでなく頻繁に使用されている時にも、実行した最適化に効果があるかどうかを検証できます。全く同じ作業負荷を異なる設定で複数回実行できるため、異なる設定の結果を比較することができます。
以下のコマンドを使用して、BLTK をインストールします。
~]# yum install bltk
以下のコマンドを使用して、BLTK を実行します。
~]$ bltk workload options
たとえば、idle の作業負荷を 120 秒間実行するには、以下のコマンドを実行します。
~]$ bltk -I -T 120
デフォルトで使用できる作業負荷は次のとおりです。
-I, --idle
システムがアイドル状態です。他の作業負荷と比較する場合に基準値として使用します。
-R, --reader
ドキュメントを読み込むシミュレートを行います (デフォルトでは、Firefox を使用)。
-P, --player
CD または DVD ドライブのマルチメディアファイルの視聴をシミュレートします (デフォルトでは mplayer を使用)。
-O, --office
OpenOffice.org スイートを使ったドキュメント編集のシミュレートを行います。
指定できる他のオプションは以下のとおりです。
-a, --ac-ignore
AC 電源が使用可能かどうか無視します (デスクトップで必要)。
-T number_of_seconds, --time number_of_seconds
テストを実行する期間 (秒単位) ; idle 作業負荷を使用してこのオプションを使用します。
-F filename, --file filename
特定の作業負荷で使用されるファイル (たとえば、CD または DVD ドライブにアクセスする代わりに、player の作業負荷で再生するファイル) を指定します。
-W application, --prog application
特定の作業負荷で使用されるアプリケーション (たとえば、reader の作業負荷向けの Firefox 以外のブラウザー) を指定します。
BLTK は、数多くの特別なオプションをサポートします。詳細は、man ページの bltk を参照してください。
BLTK は、生成する結果を /etc/bltk.conf 設定ファイルで指定されたディレクトリー (デフォルトでは ~/.bltk/workload.results.number/) に保存します。たとえば、~/.bltk/reader.results.002/ ディレクトリーには reader の作業負荷の 3 つ目のテスト結果が保持されます (1 つ目のテストは番号なし)。結果は複数のテキストファイルに分散されます。これらの結果を読み取りやすい形式にまとめるには、以下のコマンドを実行します。
~]$ bltk_report path_to_results_directory
結果が、結果ディレクトリーの Report という名前のテキストファイルに表示されます。代わりにターミナルエミュレーターで結果を閲覧するには、-o オプションを使用します。
~]$ bltk_report -o path_to_results_directory