3.4. CPU 省電力ポリシー

cpupower を使うと、プロセッサーの省電力ポリシーを変更できます。
次のオプションは cpupower set コマンドとともに使用します。
--perf-bias <0-15>
サポートされた Intel プロセッサーでソフトウェアがよりアクティブに最適なパフォーマンスと省電力とのバランスを決定できるようにします。このオプションは他の省電力ポリシーよりも優先されません。割り当てる値の範囲は 0〜15 です。ここで、0 は最適なパフォーマンスであり、15 は最適な電力効率です。
デフォルトでは、このオプションはすべてのコアに適用されます。コア別に適用する場合は、--cpu <cpulist> オプションを追加します。
--sched-mc <0|1|2>
他の CPU パッケージが選ばれるまで、一つの CPU パッケージ内のコアに対するシステムプロセスによる電力使用を制限します。0 は制限なし、1 は最初に CPU パッケージを 1 つだけ採用、2 は 1 の内容に加えてタスクのウェイクアップを処理する場合にセミアイドル状態の CPU パッケージを優先します。
--sched-smt <0|1|2>
他の コアが選ばれるまで、1 つの CPU コアの複数スレッドに対するシステムプロセスによる電力使用を制限します。0 は制限なし、1 は最初に CPU パッケージを 1 つだけ採用、2 は 1 の内容に加えてタスクのウェイクアップを処理する場合にセミアイドル状態の CPU パッケージを優先します。