Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第4章 ユースケース

この章では、このガイドの他の場所で説明されている分析方法と設定方法を説明するために、2 種類のユースケースについて説明します。最初の例は典型的なサーバーを考慮しており、2 番目の例は典型的なラップトップです。

4.1. 例 — サーバー

最近の典型的な標準サーバーには、Red Hat Enterprise Linux 7 でサポートされている必要なハードウェア機能の大部分が付属しています。最初に考慮すべきことは、サーバーが主に使用されるワークロードの種類です。この情報に基づいて、節電のために最適化できるコンポーネントを決定できます。
サーバーの種類に関係なく、一般的にグラフィックスパフォーマンスは必要ありません。したがって、GPU の省電力はオンのままにしておくことができます。

Webserver

Web サーバーには、ネットワークとディスク I/O が必要です。外部接続速度によっては、100 Mbit/s で十分な場合があります。マシンが主に静的ページを提供する場合、CPU パフォーマンスはそれほど重要ではない可能性があります。したがって、電源管理の選択肢には次のようなものがあります。

  • tuned 用のディスクまたはネットワークプラグインはありません。
  • ALPM がオンになりました。
  • オンデマンド ガバナーがオンになりました。
  • ネットワークカードは 100 Mbit/s に制限されています。

コンピュートサーバー

コンピュートサーバーは主に CPU を必要とします。電源管理の選択肢には次のものがあります。

  • ジョブとデータの保存場所に応じて、ディスクまたはネットワークのプラグインが 調整されます。または、バッチモードシステムの場合は、完全にアクティブな tuned
  • 使用状況によっては、パフォーマンス ガバナーが使用される可能性があります。

メールサーバー

メールサーバーは主にディスク I/O と CPU を必要とします。電源管理の選択肢には次のものがあります。

  • CPU パフォーマンスの最後の数パーセントは重要ではないため、オンデマンド ガバナはオンになっています。
  • tuned 用のディスクまたはネットワークプラグインはありません。
  • メールは内部にあることが多く、1 Gbit/s または 10 Gbit/s リンクの恩恵を受けることができるため、ネットワーク速度は制限されるべきではありません。

ファイルサーバー

ファイルサーバーの要件はメールサーバーの要件と似ていますが、使用するプロトコルによっては、より多くの CPU パフォーマンスが必要になる場合があります。通常、Samba ベースのサーバーは NFS より多くの CPU を必要とし、NFS は通常 iSCSI よりも多くの CPU を必要とします。それでも、オンデマンド ガバナーを使用できるはずです。

Directory server

特に十分な RAM が装備されている場合、通常、Directory Server はディスク I/O の要件が低くなります。ネットワーク I/O はそれほど重要ではありませんが、ネットワーク遅延は重要です。より遅いリンク速度での遅延ネットワークチューニングを検討することもできますが、特定のネットワークについてこれを慎重にテストする必要があります。