Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第4章 ユースケース

4.1.

メールサーバーには、ほとんどのディスク I/O および CPU が必要です。電源管理の選択肢には、以下が含まれます。

  • CPU パフォーマンスの最後の数パーセントは重要ではないため、ondemand ガバナーがオンになります。
  • tuned 用のディスクまたはネットワークプラグインはありません。
  • メールは内部にあることが多いため、1 Gbit/s リンクまたは 10 Gbit/s リンクの利点を活用できるため、ネットワーク速度を制限することはできません。

fileserver

fileserver 要件は、メールサーバーのものと似ていますが、使用するプロトコルによっては、より多くの CPU パフォーマンスが必要になる場合があります。通常、Samba ベースのサーバーには NFS よりも多くの CPU が必要で、NFS は通常 iSCSI よりも多くの CPU を必要とします。それでも、ondemand ガバナーを使用できる必要があります。

ディレクトリーサーバー

ディレクトリーサーバーは通常、特に RAM が十分にある場合にディスク I/O の要件が低くなります。ネットワーク I/O は少なくなりますが、ネットワークレイテンシーは重要です。リンク速度が低くなると、遅延ネットワークのチューニングを検討するかもしれませんが、これを特定のネットワークに対して慎重にテストする必要があります。