2.7. GNOME の電源管理

GNOME Power Manager は、GNOME デスクトップの一部としてインストールされるデーモンです。Red Hat Enterprise Linux の以前のバージョンで GNOME Power Manager が提供した電力管理機能の大部分は、Red Hat Enterprise Linux 6 で DeviceKit-power の一部となり、Red Hat Enterprise Linux 7 では UPower という名前に変更されました (「UPower」を参照)。ただし、GNOME Power Manager はその機能のフロントエンドとして残ります。システムトレイのアプレットを介して GNOME Power Manager は、バッテリーから AC 電源への切り替えなど、システムの電源状態の変化を通知します。また、バッテリーの状態を報告し、バッテリーの電力が低くなると警告を出します。