Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.11. 強化されたグラフィック電源管理

Red Hat Enterprise Linux 7 では、不要な消費ソースを複数削除することで、グラフィックおよびディスプレイデバイスの電源を節約します。

LVDS の再データ

電圧変的な信号 (LVDS)は、回線上における電子シグナルを実行するシステムです。システムの重要なアプリケーションの 1 つに、ノートブックコンピューターで Liquid crystal display (LCD)画面にピクセル情報を送信することです。すべてのディスプレイには、更新レート (グラフィックコントローラーから新しいデータを受信するレート)と画面のイメージを赤いレートします。通常、画面は 1 秒ごとに新しいデータ 6 回(60 Hz の周波数)を受け取ります。画面とグラフィックスコントローラーを LVDS からリンクすると、LVDS システムは、更新サイクルごとに電源を使用します。アイドルが発生すると、多くの LCD 画面の更新レートは、通知可能な効果 (cathode ray tube(CRT)のように)モニターが 30 Hz にドロップされ、更新レートで減少すると、文字的なファックが表示されるようになります。Red Hat Enterprise Linux 7 で使用されているカーネルに組み込まれた Intel グラフィックアダプターのドライバーは、自動的にこの downclocking を実施し、画面がアイドル状態の場合に約 0.5 W を保存します。

メモリーの自己更新の有効化

同期動的アクセスメモリー (SDRAM)- グラフィックアダプターのビデオメモリーに使用される時間毎秒単位で何回か減り、個々のメモリーセルが格納されているデータを保持できるようにします。メモリー内内のデータフローとしてデータを管理する主な機能のほかに、メモリーコントローラーは通常、これらの更新サイクルを開始します。ただし、SDRAM には低電力更新モードもあります。このモードでは、メモリーは内部タイマーを使用して独自の更新サイクルを生成します。これにより、システムは、現在メモリーに保持されるデータなしでメモリーコントローラーをシャットダウンできます。Red Hat Enterprise Linux 7 で使用されるカーネルは、アイドル状態のときに Intel グラフィックアダプターでメモリーの自己更新をトリガーできます。これにより、0.8 W で保存されます。

GPU クロックの削減

通常のグラフィカル処理ユニット(GPU)には、内部サーキットのさまざまな部分を管理する内部クロックが含まれます。Red Hat Enterprise Linux 7 で使用されるカーネルは、Intel および ATI GPU の内部クロックの一部の頻度を減らすことができます。GPU コンポーネントが特定の時間で実行するサイクルの数を減らすと、実行する必要がないサイクルで消費した電力が節約されます。カーネルは、GPU がアイドル状態のときに、このクロックの速度を自動的に減らし、GPU アクティビティーが増えたときに増加します。GPU クロックサイクルを短くすると、最大 5 W を保存できます。

GPU 省電力

Red Hat Enterprise Linux 7 の Intel および ATI グラフィックドライバーは、モニターがアダプターに接続されているタイミングを検出できるため、GPU を完全にシャットダウンします。この機能は、定期的にアタッチされていないサーバーについて特に重要です。