2.3. OpenShift Update Service のインストール

OpenShift Update Service をインストールするには、まず OpenShift Container Platform Web コンソールまたは CLI を使用して OpenShift Update Service Operator をインストールする必要があります。

注記

ネットワークが制限された環境 (非接続クラスターとして知られる) にインストールされているクラスターの場合には、デフォルトで Operator Lifecycle Manager はリモートレジストリーでホストされる Red Hat が提供する OperatorHub ソースにアクセスできません。それらのリモートソースには完全なインターネット接続が必要であるためです。詳細は、「ネットワークが制限された環境での Operator Lifecycle Manager の使用」を参照してください。

2.3.1. Web コンソールを使用した OpenShift Update Service Operator のインストール

Web コンソールを使用して、OpenShift Update Service Operator をインストールできます。

手順

  1. Web コンソールで OperatorsOperatorHub をクリックします。

    注記

    Update ServiceFilter by keyword…​ フィールドに入力し、素早く Operator を見つけます。

  2. 利用可能な Operator の一覧から OpenShift Update Service を選択し、Install をクリックします。

    1. 本リリースで利用可能な唯一のチャネルであるため、チャネル v1Update Channel として選択されます。
    2. A specific namespace on the clusterInstallation Mode で選択します。
    3. Installed Namespace の namespace を選択するか、推奨される namespace openshift-update-service を受け入れます。
    4. Approval Strategy を選択します。

      • Automatic ストラテジーにより、Operator Lifecycle Manager (OLM) は新規バージョンが利用可能になると Operator を自動的に更新できます。
      • Manual ストラテジーには、クラスター管理者が Operator の更新を承認する必要があります。
    5. Install をクリックします。
  3. OperatorsInstalled Operators ページに切り替えて、OpenShift Update Service Operator がインストールされていることを確認します。
  4. StatusSucceededOpenShift Update Service が選択された namespace に一覧表示されていることを確認します。