5.4. CLI を使用したクラスターの更新

更新が利用可能な場合、OpenShift CLI (oc) を使用してクラスターを更新できます。

利用可能な OpenShift Container Platform アドバイザリーおよび更新については、カスタマーポータルの エラータのセクションを参照してください

前提条件

  • お使いの更新バージョンのバージョンに一致する OpenShift CLI (oc) をインストールします。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにログインします。
  • jq パッケージをインストールします。

手順

  1. クラスターが利用可能であることを確認します。

    $ oc get clusterversion

    出力例

    NAME      VERSION   AVAILABLE   PROGRESSING   SINCE   STATUS
    version   4.5.4     True        False         158m    Cluster version is 4.5.4

  2. 現在の更新チャネル情報を確認し、チャネルが stable-4.6に設定されていることを確認します。

    $ oc get clusterversion -o json|jq ".items[0].spec"

    出力例

    {
      "channel": "stable-4.6",
      "clusterID": "990f7ab8-109b-4c95-8480-2bd1deec55ff",
      "upstream": "https://api.openshift.com/api/upgrades_info/v1/graph"
    }

    重要

    実稼働クラスターの場合、stable-* または fast-* チャネルにサブスクライブする必要があります。

  3. 利用可能な更新を確認し、適用する必要のある更新のバージョン番号をメモします。

    $ oc adm upgrade

    出力例

    Cluster version is 4.1.0
    
    Updates:
    
    VERSION IMAGE
    4.1.2   quay.io/openshift-release-dev/ocp-release@sha256:9c5f0df8b192a0d7b46cd5f6a4da2289c155fd5302dec7954f8f06c878160b8b

  4. 更新を適用します。

    • 最新バージョンに更新するには、以下を実行します。

      $ oc adm upgrade --to-latest=true 1
    • 特定のバージョンに更新するには、以下を実行します。

      $ oc adm upgrade --to=<version> 1
      1 1
      <version> は、直前のコマンドの出力から得られる更新バージョンです。
  5. クラスターバージョン Operator を確認します。

    $ oc get clusterversion -o json|jq ".items[0].spec"

    出力例

    {
      "channel": "stable-4.6",
      "clusterID": "990f7ab8-109b-4c95-8480-2bd1deec55ff",
      "desiredUpdate": {
        "force": false,
        "image": "quay.io/openshift-release-dev/ocp-release@sha256:9c5f0df8b192a0d7b46cd5f6a4da2289c155fd5302dec7954f8f06c878160b8b",
        "version": "4.6.3" 1
      },
      "upstream": "https://api.openshift.com/api/upgrades_info/v1/graph"
    }

    1
    desiredUpdate スタンザの version 番号が指定した値と一致する場合、更新は進行中です。
  6. クラスターバージョン履歴で、更新のステータスをモニターします。すべてのオブジェクトの更新が終了するまでに時間がかかる可能性があります。

    $ oc get clusterversion -o json|jq ".items[0].status.history"

    出力例

    [
      {
        "completionTime": null,
        "image": "quay.io/openshift-release-dev/ocp-release@sha256:9c5f0df8b192a0d7b46cd5f6a4da2289c155fd5302dec7954f8f06c878160b8b",
        "startedTime": "2020-11-10T20:30:50Z",
        "state": "Partial",
        "verified": true,
        "version": "4.1.2"
      },
      {
        "completionTime": "2020-11-10T20:30:50Z",
        "image": "quay.io/openshift-release-dev/ocp-release@sha256:b8307ac0f3ec4ac86c3f3b52846425205022da52c16f56ec31cbe428501001d6",
        "startedTime": "2020-11-10T17:38:10Z",
        "state": "Completed",
        "verified": false,
        "version": "4.1.0"
      }
    ]

    履歴には、クラスターに適用された最新バージョンの一覧が含まれます。この値は、CVO が更新を適用する際に更新されます。この一覧は日付順に表示され、最新の更新は一覧の先頭に表示されます。履歴の更新には、ロールアウトが完了した場合には Completed と表示され、更新が失敗したか、または完了しなかった場合には Partial と表示されます。

    重要

    アップグレードに失敗する場合、Operator は停止し、失敗しているコンポーネントのステータスを報告します。クラスターの以前のバージョンへのロールバックはサポートされていません。アップグレードできない場合は、Red Hat サポートにお問い合わせください。

  7. 更新が完了したら、クラスターのバージョンが新たなバージョンに更新されていることを確認できます。

    $ oc get clusterversion

    出力例

    NAME      VERSION     AVAILABLE   PROGRESSING   SINCE     STATUS
    version   4.6.3       True        False         2m        Cluster version is 4.6.3

  8. バージョン 4.y から 4.(y+1) などの次のマイナーバージョンにクラスターをアップグレードする場合、新たな機能に依存するワークロードをデプロイする前にノードがアップグレードされていることを確認することが推奨されます。

    $ oc get nodes

    出力例

    NAME                           STATUS   ROLES    AGE   VERSION
    ip-10-0-168-251.ec2.internal   Ready    master   82m   v1.19.0
    ip-10-0-170-223.ec2.internal   Ready    master   82m   v1.19.0
    ip-10-0-179-95.ec2.internal    Ready    worker   70m   v1.19.0
    ip-10-0-182-134.ec2.internal   Ready    worker   70m   v1.19.0
    ip-10-0-211-16.ec2.internal    Ready    master   82m   v1.19.0
    ip-10-0-250-100.ec2.internal   Ready    worker   69m   v1.19.0