6.5.3. RHEL コンピュートマシンで利用できるフック

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) コンピュートマシンを OpenShift Container Platform クラスターで更新する際に、以下のフックを使用できます。

フック名説明

openshift_node_pre_cordon_hook

  • 各ノードの遮断 (cordon) に実行されます。
  • このフックは 各ノード に対して連続して実行されます。
  • タスクが異なるホストに対して実行される必要がある場合、そのタスクは delegate_to または local_action を使用する必要があります。

openshift_node_pre_upgrade_hook

  • 各ノードの遮断 (cordon) 、更新 に実行されます。
  • このフックは 各ノード に対して連続して実行されます。
  • タスクが異なるホストに対して実行される必要がある場合、そのタスクは delegate_to または local_action を使用する必要があります。

openshift_node_pre_uncordon_hook

  • 各ノードの更新 、遮断の解除 (uncordon) 前に 実行されます。
  • このフックは 各ノード に対して連続して実行されます。
  • タスクが異なるホストに対して実行される必要がある場合、そのタスクは delegate_to または local_action を使用する必要があります。

openshift_node_post_upgrade_hook

  • 各ノードの遮断の解除 (uncordon) に実行されます。これは、最後の ノード更新アクションになります。
  • このフックは 各ノード に対して連続して実行されます。
  • タスクが異なるホストに対して実行される必要がある場合、そのタスクは delegate_to または local_action を使用する必要があります。