2.4.3. Cluster Version Operator (CVO) の設定

OpenShift Update Service Operator をインストールして、OpenShift Update Service アプリケーションを作成した後に、ローカルインストールされた OpenShift Update Service からグラフデータをプルするように Cluster Version Operator (CVO) を更新できます。

前提条件

  • OpenShift Update Service Operator がインストールされている。
  • OpenShift Update Service の graph-data コンテナーイメージを作成して、OpenShift Update Service がアクセスできるリポジトリーにプッシュしておく。
  • 現在のリリースおよび更新ターゲットリリースがローカルアクセス可能なレジストリーにミラーリングされている。
  • OpenShift Update Service アプリケーションが作成されている。

手順

  1. OpenShift Update Service ターゲット namespace を設定します (例: openshift-update-service)。

    $ NAMESPACE=openshift-update-service
  2. OpenShift Update Service アプリケーションの名前 (例: service) を設定します。

    $ NAME=service
  3. ポリシーエンジンルートを取得します。

    $ POLICY_ENGINE_GRAPH_URI="$(oc -n "${NAMESPACE}" get -o jsonpath='{.status.policyEngineURI}/api/upgrades_info/v1/graph{"\n"}' updateservice "${NAME}")"
  4. プルグラフデータのパッチを設定します。

    $ PATCH="{\"spec\":{\"upstream\":\"${POLICY_ENGINE_GRAPH_URI}\"}}"
  5. CVO にパッチを適用して、ローカルの OpenShift Update Service を使用します。

    $ oc patch clusterversion version -p $PATCH --type merge