2.6.2. CLI を使用した OpenShift Update Service Operator のアンインストール

OpenShift CLI (oc) を使用して、OpenShift Update Service Operator をアンインストールできます。

前提条件

  • OpenShift Update Service アプリケーションがすべて削除されている。

手順

  1. OpenShift Update Service Operator (例: openshift-update-service) が含まれるプロジェクトに切り替えます。

    $ oc project openshift-update-service

    出力例

    Now using project "openshift-update-service" on server "https://example.com:6443".

  2. OpenShift Update Service Operator Operator グループの名前を取得します。

    $ oc get operatorgroup

    出力例

    NAME                             AGE
    openshift-update-service-fprx2   4m41s

  3. Operator グループを削除します (例: openshift-update-service-fprx2)。

    $ oc delete operatorgroup openshift-update-service-fprx2

    出力例

    operatorgroup.operators.coreos.com "openshift-update-service-fprx2" deleted

  4. OpenShift Update Service Operator サブスクリプションの名前を取得します。

    $ oc get subscription

    出力例

    NAME                      PACKAGE                   SOURCE                        CHANNEL
    update-service-operator   update-service-operator   updateservice-index-catalog   v1

  5. 直前の手順で Name の値を使用して、currentCSV フィールドで、サブスクライブされた OpenShift Update Service Operator の現行バージョンを確認します。

    $ oc get subscription update-service-operator -o yaml | grep " currentCSV"

    出力例

      currentCSV: update-service-operator.v0.0.1

  6. サブスクリプション (例: update-service-operator) を削除します。

    $ oc delete subscription update-service-operator

    出力例

    subscription.operators.coreos.com "update-service-operator" deleted

  7. 直前の手順の currentCSV 値を使用し、OpenShift Update Service Operator の CSV を削除します。

    $ oc delete clusterserviceversion update-service-operator.v0.0.1

    出力例

    clusterserviceversion.operators.coreos.com "update-service-operator.v0.0.1" deleted