6.5.2. Ansible インベントリーファイルでのフックを使用する設定

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) コンピュートマシン (ワーカーマシンとしても知られている) の更新時に使用するフックを、all:vars セクションの下にある hosts インベントリーファイルで定義します。

前提条件

  • RHEL コンピュートマシンクラスターの追加に使用したマシンへのアクセスがあること。RHEL マシンを定義する hosts Ansible インベントリーファイルにアクセスできる必要があります。

手順

  1. フックの設計後に、フック用に Ansible タスクを定義する YAML ファイルを作成します。このファイルは、以下に示すように一連のタスクで構成される必要があり、Playbook にすることはできません。

    ---
    # Trivial example forcing an operator to acknowledge the start of an upgrade
    # file=/home/user/openshift-ansible/hooks/pre_compute.yml
    
    - name: note the start of a compute machine update
      debug:
          msg: "Compute machine upgrade of {{ inventory_hostname }} is about to start"
    
    - name: require the user agree to start an upgrade
      pause:
          prompt: "Press Enter to start the compute machine update"
  2. hosts Ansible インベントリーファイルを変更してフックファイルを指定します。フックファイルは、以下に示すように [all:vars] セクションのパラメーター値として指定されます。

    インベントリーファイルのフック定義の例

    [all:vars]
    openshift_node_pre_upgrade_hook=/home/user/openshift-ansible/hooks/pre_node.yml
    openshift_node_post_upgrade_hook=/home/user/openshift-ansible/hooks/post_node.yml

    フックへのパスでの曖昧さを避けるために、それらの定義では相対パスの代わりに絶対パスを使用します。