2.4. OpenShift Update Service アプリケーションの作成

OpenShift Container Platform Web コンソールまたは CLI を使用し、OpenShift Update Service アプリケーションを作成できます。

2.4.1. Web コンソールを使用した OpenShift Update Service アプリケーションの作成

OpenShift Container Platform Web コンソールを使用して、OpenShift Update Service Operator で OpenShift Update Service アプリケーションを作成できます。

前提条件

  • OpenShift Update Service Operator がインストールされている。
  • OpenShift Update Service の graph-data コンテナーイメージを作成して、OpenShift Update Service がアクセスできるリポジトリーにプッシュしておく。
  • 現在のリリースおよび更新ターゲットリリースがローカルアクセス可能なレジストリーにミラーリングされている。

手順

  1. Web コンソールで OperatorsInstalled Operators をクリックします。
  2. インストールされた Operator の一覧から OpenShift Update Service を選択します。
  3. Update Service タブをクリックします。
  4. Create UpdateService をクリックします。
  5. service など、Name フィールドに名前を入力します。
  6. Graph Data Image フィールドに「OpenShift Update Service グラフデータコンテナーイメージの作成」で作成した graph-data コンテナーイメージにローカルの pullspec を入力します (例: registry.example.com/openshift/graph-data:latest)。
  7. Releases フィールドに、「OpenShift Container Platform イメージリポジトリーのミラーリング」でリリースイメージを含むように作成したローカルのレジストリーとリポジトリー (例: registry.example.com/ocp4/openshift4-release-images) を入力します。
  8. Replicas フィールドに 2 と入力します。
  9. Create をクリックして OpenShift Update Service アプリケーションを作成します。
  10. OpenShift Update Service アプリケーションを検証します。

    • Update Service タブの UpdateServices 一覧から、作成した Update Service アプリケーションをクリックします。
    • Resources タブをクリックします。
    • 各アプリケーションリソースのステータスが Created であることを確認します。