2.3.2. CLI を使用した OpenShift Update Service Operator のインストール

OpenShift CLI (oc) を使用して、OpenShift Update Service Operator をインストールできます。

手順

  1. OpenShift Update Service Operator の namespace を作成します。

    1. OpenShift Update Service Operator の namespace オブジェクト YAML ファイル (update-service-namespace.yaml など) を作成します。

      apiVersion: v1
      kind: Namespace
      metadata:
        name: openshift-update-service
        annotations:
          openshift.io/node-selector: ""
        labels:
          openshift.io/cluster-monitoring: "true" 1
      1
      openshift.io/cluster-monitoring ラベルを設定して、kこの namespace で Operator が推奨するクラスターのモニタリングを有効にします。
    2. namespace を作成します。

      $ oc create -f <filename>.yaml

      以下は例になります。

      $ oc create -f update-service-namespace.yaml
  2. 以下のオブジェクトを作成して OpenShift Update Service Operator をインストールします。

    1. OperatorGroup オブジェクト YAML ファイルを作成します (例: update-service-operator-group.yaml)。

      apiVersion: operators.coreos.com/v1
      kind: OperatorGroup
      metadata:
        name: update-service-operator-group
      spec:
        targetNamespaces:
        - openshift-update-service
    2. OperatorGroup オブジェクトを作成します。

      $ oc -n openshift-update-service create -f <filename>.yaml

      以下は例になります。

      $ oc -n openshift-update-service create -f update-service-operator-group.yaml
    3. Subscription オブジェクト YAML ファイルを作成します (例: update-service-subscription.yaml)。

      Subscription の例

      apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
      kind: Subscription
      metadata:
        name: update-service-subscription
      spec:
        channel: v1
        installPlanApproval: "Automatic"
        source: "redhat-operators" 1
        sourceNamespace: "openshift-marketplace"
        name: "cincinnati-operator"

      1
      Operator を提供するカタログソースの名前を指定します。カスタム Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用しないクラスターの場合には、redhat-operators を指定します。OpenShift Container Platform クラスターが、非接続クラスターとも呼ばれるネットワークが制限された環境でインストールされている場合、Operator Lifecycle Manager (OLM) の設定時に作成される CatalogSource オブジェクトの名前を指定します。
    4. Subscription オブジェクトを作成します。

      $ oc create -f <filename>.yaml

      以下は例になります。

      $ oc -n openshift-update-service create -f update-service-subscription.yaml

      OpenShift Update Service Operator は openshift-update-service namespace にインストールされ、openshift-update-service namespace をターゲットにします。

  3. Operator のインストールを確認します。

    $ oc -n openshift-update-service get clusterserviceversions

    出力例

    NAME                             DISPLAY                    VERSION   REPLACES   PHASE
    update-service-operator.v4.6.0   OpenShift Update Service   4.6.0                Succeeded
    ...

    OpenShift Update Service Operator が記載されている場合には、インストールが成功しています。バージョン番号が表示されるものと異なる場合があります。