2.3.4. OpenShift Container Platform イメージリポジトリーのミラーリング

OpenShift Update Service には、更新リリースペイロードを含む、ローカルでアクセス可能なレジストリーが必要です。

重要

OpenShift Update Service アプリケーションで、メモリーが過剰に使用されないようにするため、以下の手順に従って、リリースイメージを別のリポジトリーにミラーリングすることが推奨されます。

前提条件

  • 「非接続インストールのイメージのミラーリング」から「OpenShift Container Platform イメージリポジトリーのミラーリング」というタイトルのセクションまでのステップを確認して完了している。
  • ネットワークが制限された環境で使用するミラーレジストリーを設定し、設定した証明書および認証情報にアクセスできる。
  • Red Hat OpenShift Cluster Manager のサイトの「Pull Secret」ページからプルシークレットをダウンロードしており、ミラーリポジトリーに認証を組み込むようにこれを変更している。
  • Subject Alternative Name が設定されていない自己署名証明書を使用する場合は、この手順の oc コマンドの前に GODEBUG=x509ignoreCN=0 を追加する必要があります。この変数を設定しない場合、oc コマンドは以下のエラーを出して失敗します。

    x509: certificate relies on legacy Common Name field, use SANs or temporarily enable Common Name matching with GODEBUG=x509ignoreCN=0

手順

ミラーホストで以下の手順を実行します。

  1. OpenShift Container Platform ダウンロード」ページを確認し、アップグレードする必要のある OpenShift Container Platform のバージョンを判別し、「Repository Tags」ページで対応するタグを判別します。
  2. 必要な環境変数を設定します。

    1. リリースバージョンをエクスポートします。

      $ OCP_RELEASE=<release_version>

      <release_version> について、インストールする OpenShift Container Platform のバージョンに対応するタグを指定します (例: 4.6.4)。

    2. ローカルレジストリー名とホストポートをエクスポートします。

      $ LOCAL_REGISTRY='<local_registry_host_name>:<local_registry_host_port>'

      <local_registry_host_name> については、ミラーレジストリーのレジストリードメイン名を指定し、<local_registry_host_port> については、コンテンツの送信に使用するポートを指定します。

    3. ローカルリポジトリー名をエクスポートします。

      $ LOCAL_REPOSITORY='<local_repository_name>'

      <local_repository_name> については、ocp4/openshift4 などのレジストリーに作成するリポジトリーの名前を指定します。

    4. 追加のローカルリポジトリー名をエクスポートして、リリースイメージを追加します。

      $ LOCAL_RELEASE_IMAGES_REPOSITORY='<local_release_images_repository_name>'

      <local_release_images_repository_name> については、ocp4/openshift4-release-images などのレジストリーに作成するリポジトリーの名前を指定します。

    5. ミラーリングするリポジトリーの名前をエクスポートします。

      $ PRODUCT_REPO='openshift-release-dev'

      実稼働環境のリリースの場合には、openshift-release-dev を指定する必要があります。

    6. パスをレジストリープルシークレットにエクスポートします。

      $ LOCAL_SECRET_JSON='<path_to_pull_secret>'

      <path_to_pull_secret> については、作成したミラーレジストリーのプルシークレットの絶対パスおよびファイル名を指定します。

    7. リリースミラーをエクスポートします。

      $ RELEASE_NAME="ocp-release"

      実稼働環境のリリースについては、ocp-release を指定する必要があります。

    8. サーバーのアーキテクチャーのタイプをエクスポートします (例: x86_64)。

      $ ARCHITECTURE=<server_architecture>
    9. ミラーリングされたイメージをホストするためにディレクトリーへのパスをエクスポートします。

      $ REMOVABLE_MEDIA_PATH=<path> 1
      1
      最初のスラッシュ (/) 文字を含む完全パスを指定します。
  3. バージョンイメージを内部コンテナーレジストリーにミラーリングします。

    • ミラーホストがインターネットにアクセスできない場合は、以下の操作を実行します。

      1. リムーバブルメディアをインターネットに接続しているシステムに接続します。
      2. ミラーリングするイメージおよび設定マニフェストを確認します。

        $ oc adm release mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON}  \
             --from=quay.io/${PRODUCT_REPO}/${RELEASE_NAME}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} \
             --to=${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY} \
             --to-release-image=${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_RELEASE_IMAGES_REPOSITORY}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} --dry-run
      3. イメージをリムーバブルメディア上のディレクトリーにミラーリングします。

        $ oc adm release mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --to-dir=${REMOVABLE_MEDIA_PATH}/mirror quay.io/${PRODUCT_REPO}/${RELEASE_NAME}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE}
      4. メディアをネットワークが制限された環境に移し、イメージをローカルコンテナーレジストリーにアップロードします。

        $ oc image mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --from-dir=${REMOVABLE_MEDIA_PATH}/mirror "file://openshift/release:${OCP_RELEASE}*" ${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY} 1
        1
        REMOVABLE_MEDIA_PATH の場合は、リムーバブルメディアをマウントしたパスを使用する必要があります。
      5. リリースイメージを別のリポジトリーにミラーリングします。

        $ oc image mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} ${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} ${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_RELEASE_IMAGES_REPOSITORY}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE}
    • ローカルコンテナーレジストリーがミラーホストに接続されている場合、リリースイメージをローカルレジストリーに直接プッシュできます。

      $ oc adm release mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON}  \
           --from=quay.io/${PRODUCT_REPO}/${RELEASE_NAME}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} \
           --to=${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY} \
           --to-release-image=${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_RELEASE_IMAGES_REPOSITORY}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE}