7.4. OpenShift Container Platform イメージリポジトリーのミラーリング

ネットワークが制限された環境でプロビジョニングするインフラストラクチャーのクラスターをアップグレードする前に、必要なコンテナーイメージをその環境にミラーリングする必要があります。この手順を無制限のネットワークで使用して、クラスターが外部コンテンツにちて組織の制御の条件を満たすコンテナーイメージのみを使用するようにすることもできます。

手順

  1. Red Hat OpenShift Container Platform Upgrade Graph visualizer および update planner を使用して、あるバージョンから別のバージョンへのアップグレードを計画します。OpenShift Upgrade Graph はチャネルのグラフと、現行バージョンと意図されるクラスターのバージョン間に更新パスがあることを確認する方法を提供します。
  2. 必要な環境変数を設定します。

    1. リリースバージョンをエクスポートします。

      $ export OCP_RELEASE=<release_version>

      <release_version> について、インストールする OpenShift Container Platform のバージョンに対応するタグを指定します (例: 4.5.4)。

    2. ローカルレジストリー名とホストポートをエクスポートします。

      $ LOCAL_REGISTRY='<local_registry_host_name>:<local_registry_host_port>'

      <local_registry_host_name> については、ミラーレジストリーのレジストリードメイン名を指定し、<local_registry_host_port> については、コンテンツの送信に使用するポートを指定します。

    3. ローカルリポジトリー名をエクスポートします。

      $ LOCAL_REPOSITORY='<local_repository_name>'

      <local_repository_name> については、ocp4/openshift4 などのレジストリーに作成するリポジトリーの名前を指定します。

    4. ミラーリングするリポジトリーの名前をエクスポートします。

      $ PRODUCT_REPO='openshift-release-dev'

      実稼働環境のリリースの場合には、openshift-release-dev を指定する必要があります。

    5. パスをレジストリープルシークレットにエクスポートします。

      $ LOCAL_SECRET_JSON='<path_to_pull_secret>'

      <path_to_pull_secret> については、作成したミラーレジストリーのプルシークレットの絶対パスおよびファイル名を指定します。

      注記

      クラスターが ImageContentSourcePolicy オブジェクトを使用してリポジトリーのミラーリングを設定する場合、ミラーリングされたレジストリーにグローバルプルシークレットのみを使用できます。プロジェクトにプルシークレットを追加することはできません。

    6. リリースミラーをエクスポートします。

      $ RELEASE_NAME="ocp-release"

      実稼働環境のリリースについては、ocp-release を指定する必要があります。

    7. サーバーのアーキテクチャーのタイプをエクスポートします (例: x86_64)。

      $ ARCHITECTURE=<server_architecture>
    8. ミラーリングされたイメージをホストするためにディレクトリーへのパスをエクスポートします。

      $ REMOVABLE_MEDIA_PATH=<path> 1
      1
      最初のスラッシュ (/) 文字を含む完全パスを指定します。
  3. ミラーリングするイメージおよび設定マニフェストを確認します。

    $ oc adm release mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --to-dir=${REMOVABLE_MEDIA_PATH}/mirror quay.io/${PRODUCT_REPO}/${RELEASE_NAME}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} --dry-run
  4. バージョンイメージを内部コンテナーレジストリーにミラーリングします。

    • ミラーホストがインターネットにアクセスできない場合は、以下の操作を実行します。

      1. リムーバブルメディアをインターネットに接続しているシステムに接続します。
      2. イメージおよび設定マニフェストをリムーバブルメディア上のディレクトリーにミラーリングします。

        $ oc adm release mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --to-dir=${REMOVABLE_MEDIA_PATH}/mirror quay.io/${PRODUCT_REPO}/${RELEASE_NAME}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE}
      3. メディアをネットワークが制限された環境に移し、イメージをローカルコンテナーレジストリーにアップロードします。

        $ oc image mirror  -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --from-dir=${REMOVABLE_MEDIA_PATH}/mirror "file://openshift/release:${OCP_RELEASE}*" ${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY} 1
        1
        REMOVABLE_MEDIA_PATH の場合、イメージのミラーリング時に指定した同じパスを使用する必要があります。
    • ローカルコンテナーレジストリーとクラスターがミラーホストに接続されている場合、リリースイメージをローカルレジストリーに直接プッシュし、以下のコマンドを使用して設定マップをクラスターに適用します。

      $ oc adm release mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --from=quay.io/${PRODUCT_REPO}/${RELEASE_NAME}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} \
        --to=${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY} --apply-release-image-signature
      注記

      --apply-release-image-signature オプションが含まれる場合は、イメージ署名の検証用に設定マップを作成しません。