2.3. マスターノードのサイジング

マスターノードリソースの要件は、クラスター内のノード数によって異なります。マスターノードのサイズについての以下の推奨内容は、テストに重点を置いた場合のコントロールプレーンの密度の結果に基づいています。

ワーカーノードの数CPU コア数メモリー (GB)

25

4

16

100

8

32

250

16

64

重要

実行中の OpenShift Container Platform 4.3 クラスターでマスターノードのサイズを変更することはできないため、ノードの合計数を見積もり、インストール時にマスターの推奨されるサイズを使用する必要があります。

注記

OpenShift Container Platform 4.3 では、デフォルトで CPU コア (500 ミリコア) の半分がシステムによって予約されます (OpenShift Container Platform 3.11 以前のバージョンと比較)。サイズはこれを考慮に入れて決定されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。