9.4. テスト済みのクラスターの最大値に基づく環境計画

重要

ノード上で物理リソースを過剰にサブスクライブすると、Kubernetes スケジューラーが Pod の配置時に行うリソースの保証に影響が及びます。メモリースワップを防ぐために実行できる処置について確認してください。

一部のテスト済みの最大値については、単一の namespace/ユーザーが作成するオブジェクトでのみ変更されます。これらの制限はクラスター上で数多くのオブジェクトが実行されている場合には異なります。

本書に記載されている数は、Red Hat のテスト方法、セットアップ、設定、およびチューニングに基づいています。これらの数は、独自のセットアップおよび環境に応じて異なります。

環境の計画時に、ノードに配置できる Pod 数を判別します。

Required Pods per Cluster / Pods per Node = Total Number of Nodes Needed

ノードあたりの現在の Pod の最大数は 250 です。ただし、ノードに適合する Pod 数はアプリケーション自体によって異なります。「アプリケーション要件に合わせて環境計画を立てる方法」で説明されているように、アプリケーションのメモリー、CPU およびストレージの要件を検討してください。

シナリオ例

クラスターごとに 2200 の Pod のあるクラスターのスコープを設定する場合、ノードごとに最大 250 の Pod があることを前提として、最低でも 9 つのノードが必要になります。

2200 / 250 = 8.8

ノード数を 20 に増やす場合は、Pod 配分がノードごとに 110 の Pod に変わります。

2200 / 20 = 110

ここでは、以下のようになります。

Required Pods per Cluster / Total Number of Nodes = Expected Pods per Node

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。