7.3. Pod の Topology Manager ポリシーとの対話

以下のサンプル Pod 仕様は、Pod の Topology Manger との対話について説明しています。

以下の Pod は、リソース要求や制限が指定されていないために BestEffort QoS クラスで実行されます。

spec:
  containers:
  - name: nginx
    image: nginx

以下の Pod は、要求が制限よりも小さいために Burstable QoS クラスで実行されます。

spec:
  containers:
  - name: nginx
    image: nginx
    resources:
      limits:
        memory: "200Mi"
      requests:
        memory: "100Mi"

選択したポリシーが none以外の場合は、Topology Manager はこれらの Pod 仕様のいずれかも考慮しません。

以下の最後のサンプル Pod は、要求が制限と等しいために Guaranteed QoS クラスで実行されます。

spec:
  containers:
  - name: nginx
    image: nginx
    resources:
      limits:
        memory: "200Mi"
        cpu: "2"
        example.com/device: "1"
      requests:
        memory: "200Mi"
        cpu: "2"
        example.com/device: "1"

Topology Manager はこの Pod を考慮します。Topology Manager は、利用可能な CPU のトポロジーを返す CPU マネージャーの静的ポリシーを確認します。また Topology Manager はデバイスマネージャーを確認し、example.com/device の利用可能なデバイスのトポロジーを検出します。

Topology Manager はこの情報を使用して、このコンテナーに最適なトポロジーを保管します。この Pod の場合、CPU マネージャーおよびデバイスマネージャーは、リソース割り当ての段階でこの保存された情報を使用します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。