9.5. アプリケーション要件に合わせて環境計画を立てる方法

アプリケーション環境の例を考えてみましょう。

Pod タイプPod 数最大メモリーCPU コア数永続ストレージ

apache

100

500 MB

0.5

1 GB

node.js

200

1 GB

1

1 GB

postgresql

100

1 GB

2

10 GB

JBoss EAP

100

1 GB

1

1 GB

推定要件: CPU コア 550 個、メモリー 450GB およびストレージ 1.4TB

ノードのインスタンスサイズは、希望に応じて増減を調整できます。ノードのリソースはオーバーコミットされることが多く、デプロイメントシナリオでは、小さいノードで数を増やしたり、大きいノードで数を減らしたりして、同じリソース量を提供することもできます。このデプロイメントシナリオでは、小さいノードで数を増やしたり、大きいノードで数を減らしたりして、同じリソース量を提供することもできます。運用上の敏捷性やインスタンスごとのコストなどの要因を考慮する必要があります。

ノードのタイプ数量CPURAM (GB)

ノード (オプション 1)

100

4

16

ノード (オプション 2)

50

8

32

ノード (オプション 3)

25

16

64

アプリケーションによってはオーバーコミットの環境に適しているものもあれば、そうでないものもあります。たとえば、Java アプリケーションや Huge Page を使用するアプリケーションの多くは、オーバーコミットに対応できません。対象のメモリーは、他のアプリケーションに使用できません。上記の例では、環境は一般的な比率として約 30 % オーバーコミットされています。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。