3.4. サンプル MachineHealthCheck リソース

MachineHealthCheck リソースは以下の YAML ファイルのようになります。

MachineHealthCheck

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineHealthCheck
metadata:
  name: example 1
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 2
      machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 3
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <cluster_name>-<label>-<zone> 4
  unhealthyConditions:
  - type:    "Ready"
    timeout: "300s" 5
    status: "False"
  - type:    "Ready"
    timeout: "300s" 6
    status: "Unknown"
  maxUnhealthy: "40%" 7

1
デプロイする MachineHealthCheck の名前を指定します。
2 3
チェックする必要のあるマシンプールのラベルを指定します。
4
追跡する MachineSet を <cluster_name>-<label>-<zone> 形式で指定します。たとえば、 prod-node-us-east-1a とします。
5 6
ノードの状態のタイムアウト期間を指定します。タイムアウト期間の条件が満たされると、マシンは修正されます。タイムアウトの時間が長くなると、正常でないマシンのワークロードのダウンタイムが長くなる可能性があります。
7
マシンのターゲットプールで許可される正常でないマシンの量を指定します。これはパーセンテージまたは整数として設定できます。
注記

matchLabels はあくまでもサンプルであるため、特定のニーズに応じてマシングループをマッピングする必要があります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。