10.3. データストレージ管理

以下の表は、OpenShift Container Platform コンポーネントがデータを書き込むメインディレクトリーの概要を示しています。

表10.3 OpenShift Container Platform データを保存するメインディレクトリー

ディレクトリー備考サイジング予想される拡張

/var/log

すべてのコンポーネントのログファイルです。

10 から 30 GB。

ログファイルはすぐに拡張する可能性があります。サイズは拡張するディスク別に管理するか、ログローテーションを使用して管理できます。

/var/lib/etcd

データベースを保存する際に etcd ストレージに使用されます。

20 GB 未満。

データベースは、最大 8 GB まで拡張できます。

環境と共に徐々に拡張します。メタデータのみを格納します。

メモリーに 8 GB が追加されるたびに 20-25 GB を追加します。

/var/lib/containers

これは CRI-O ランタイムのマウントポイントです。アクティブなコンテナーランタイム (Pod を含む) およびローカルイメージのストレージに使用されるストレージです。レジストリーストレージには使用されません。

16 GB メモリーの場合、1 ノードにつき 50 GB。このサイジングは、クラスターの最小要件の決定には使用しないでください。

メモリーに 8 GB が追加されるたびに 20-25 GB を追加します。

拡張は実行中のコンテナーの容量によって制限されます。

/var/lib/kubelet

Pod の一時ボリュームストレージです。これには、ランタイムにコンテナーにマウントされる外部のすべての内容が含まれます。環境変数、kube シークレット、および永続ボリュームでサポートされていないデータボリュームが含まれます。

変動あり。

ストレージを必要とする Pod が永続ボリュームを使用している場合は最小になります。一時ストレージを使用する場合はすぐに拡張する可能性があります。