3.3. MachineHealthCheck について

MachineHealthCheck は特定の MachinePool の正常ではないマシンを自動的に修復します。

マシンの正常性を監視するには、リソースを作成し、コントローラーの設定を定義します。15 分間 NotReady ステータスにすることや、 node-problem-detector に永続的な条件を表示すること、また監視する一連のマシンのラベルなど、チェックする条件を設定します。

注記

マスターロールのあるマシンに MachineHealthCheck を適用することはできません。

MachineHealthCheck リソースを観察するコントローラーは、定義したステータスをチェックします。マシンがヘルスチェックに失敗した場合、これは自動的に検出され、新規マシンがこれに代わって作成されます。マシンが削除されると、machine deleted イベントが表示されます。マシンの削除による破壊的な影響を制限するために、コントローラーは 1 度に 1 つのノードのみをドレイン (解放) し、これを削除します。マシンのターゲットプールで許可される maxUnhealthy しきい値を上回る数の正常でないマシンがある場合、手動による介入が行われるように修復が停止します。

チェックを停止するには、リソースを削除します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。