第8章 Cluster Monitoring Operator のスケーリング

OpenShift Container Platform は、Cluster Monitoring Operator が収集し、Prometheus ベースのモニタリングスタックに保存するメトリクスを公開します。管理者は、Grafana という 1 つのダッシュボードインターフェースでシステムリソース、コンテナーおよびコンポーネントのメトリクスを表示できます。

8.1. Prometheus データベースのストレージ要件

Red Hat では、異なるスケールサイズに応じて各種のテストが実行されました。

表8.1 クラスター内のノード/Pod の数に基づく Prometheus データベースのストレージ要件

ノード数Pod 数1 日あたりの Prometheus ストレージの増加量15 日ごとの Prometheus ストレージの増加量RAM 領域 (スケールサイズに基づく)ネットワーク (tsdb チャンクに基づく)

50

1800

6.3 GB

94 GB

6 GB

16 MB

100

3600

13 GB

195 GB

10 GB

26 MB

150

5400

19 GB

283 GB

12 GB

36 MB

200

7200

25 GB

375 GB

14 GB

46 MB

ストレージ要件が計算値を超過しないようにするために、オーバーヘッドとして予期されたサイズのおよそ 20% が追加されています。

上記の計算は、デフォルトの OpenShift Container Platform Cluster Monitoring Operator についての計算です。

注記

CPU の使用率による影響は大きくありません。比率については、およそ 50 ノードおよび 1800 Pod ごとに 1 コア (/40) になります。

ラボ環境

以前のリリースでは、すべての実験は OpenStack 環境の OpenShift Container Platform で実行されました。

  • インフラストラクチャーノード (VM) - 40 コア、157 GB RAM。
  • CNS ノード (VM) - 16 コア、62 GB RAM、NVMe ドライブ。
重要

現時点で、OpenStack 環境は OpenShift Container Platform 4.3 用にはサポートされていません。

OpenShift Container Platform についての推奨事項

  • 3 つ以上のインフラストラクチャー (infra) ノードを使用します。
  • NVMe (non-volatile memory express) ドライブを搭載した 3 つ以上の openshift-container-storage ノードを使用します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。