9.3. クラスターの最大値がテスト済みの OpenShift Container Platform 環境および設定

AWS クラウドプラットフォーム:

ノードフレーバーvCPURAM(GiB)ディスクタイプディスクサイズ (GiB)/IOSカウントリージョン

マスター/etcd [a]

r5.4xlarge

16

128

io1

250

3

us-west-2

インフラ [b]

m5.12xlarge

48

192

gp2

100

3

us-west-2

ワークロード [c]

m5.4xlarge

16

64

gp2

500 [d]

1

us-west-2

ワーカー

m5.2xlarge

8

32

gp2

100

3/25/250/2000 [e]

us-west-2

[a] 3000 IOPS を持つ io1 ディスクは、etcd が I/O 集約型であり、かつレイテンシーの影響を受けやすいため、マスター/etcd ノードに使用されます。
[b] インフラストラクチャーノードは、モニタリング、Ingress およびレジストリーコンポーネントをホストするために使用され、これにより、それらが大規模に実行する場合に必要とするリソースを十分に確保することができます。
[c] ワークロードノードは、パフォーマンスとスケーラビリティーのワークロードジェネレーターを実行するための専用ノードです。
[d] パフォーマンスおよびスケーラビリティーのテストの実行中に収集される大容量のデータを保存するのに十分な領域を確保できるように、大きなディスクサイズが使用されます。
[e] クラスターは反復的にスケーリングされ、パフォーマンスおよびスケーラビリティーテストは指定されたノード数で実行されます。

Azure クラウドプラットフォーム:

ノードフレーバーvCPURAM(GiB)ディスクタイプディスクサイズ (GiB)/iopsカウントリージョン

マスター/etcd [a]

Standard_D8s_v3

8

32

Premium SSD

1024 ( P30 )

3

centralus

インフラ [b]

Standard_D16s_v3

16

64

Premium SSD

1024 ( P30 )

3

centralus

ワーカー

Standard_D4s_v3

4

16

Premium SSD

1024 ( P30 )

3/25/100/110 [c]

centralus

[a] IOP およびスループットの上限については、etcd は I/O 集約型でレイテンシーの影響を受けやすいため、マスター/etcd ノードに 1024GB ディスクが使用されます。
[b] インフラストラクチャーノードは、モニタリング、Ingress およびレジストリーコンポーネントをホストするために使用され、これにより、それらが大規模に実行する場合に必要とするリソースを十分に確保することができます。
[c] クラスターは反復的にスケーリングされ、パフォーマンスおよびスケーラビリティーテストは指定されたノード数で実行されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。