5.2. クラスターローダーの実行

前提条件

  • リポジトリーは認証を要求するプロンプトを出します。レジストリーの認証情報を使用すると、一般的に利用できないイメージにアクセスできます。インストールからの既存の認証情報を使用します。

手順

  1. 組み込まれているテスト設定を使用してクラスターローダーを実行し、5 つのテンプレートビルドをデプロイして、デプロイメントが完了するまで待ちます。

    $ sudo podman run -v ${LOCAL_KUBECONFIG}:/root/.kube/config:z -i \
    registry.svc.ci.openshift.org/ocp/4.3:tests /bin/bash -c 'export KUBECONFIG=/root/.kube/config && \
    openshift-tests run-test "[Feature:Performance][Serial][Slow] Load cluster should load the \
    cluster [Suite:openshift]"'

    または、VIPERCONFIG の環境変数を設定して、ユーザー定義の設定でクラスターローダーを実行します。

    $ sudo podman run -v ${LOCAL_KUBECONFIG}:/root/.kube/config:z \
    -v ${LOCAL_CONFIG_FILE_PATH}:/root/configs/:z \
    -i registry.svc.ci.openshift.org/ocp/4.3:tests \
    /bin/bash -c 'KUBECONFIG=/root/.kube/config VIPERCONFIG=/root/configs/test.yaml \
    openshift-tests run-test "[Feature:Performance][Serial][Slow] Load cluster should \
    load the cluster [Suite:openshift]"'

    この例では、 ${LOCAL_KUBECONFIG} はローカルファイルシステムの kubeconfig のパスを参照します。さらに、${LOCAL_CONFIG_FILE_PATH}, というディレクトリーがあり、これは test.yaml という設定ファイルが含まれるコンテナーにマウントされます。また、test.yaml が外部テンプレートファイルや podspec ファイルを参照する場合、これらもコンテナーにマウントされる必要があります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。