第10章 ストレージの最適化

ストレージを最適化すると、すべてのリソースでストレージの使用を最小限に抑えることができます。管理者は、ストレージを最適化することで、既存のストレージリソースが効率的に機能できるようにすることができます。

10.1. 利用可能な永続ストレージオプション

永続ストレージオプションについて理解し、OpenShift Container Platform 環境を最適化できるようにします。

表10.1 利用可能なストレージオプション

ストレージタイプDescription

Block

  • ブロックデバイスとしてオペレーティングシステムに公開されます。
  • ストレージを完全に制御し、ファイルシステムを通過してファイルの低いレベルで操作する必要のあるアプリケーションに適しています。
  • ストレージエリアネットワーク (SAN) とも呼ばれます。
  • 共有できません。 一度に 1 つのクライアントだけがこのタイプのエンドポイントをマウントできるという意味です。

AWS EBS および VMware vSphere は、OpenShift Container Platform で永続ボリューム (PV) のネイティブプロビジョニングをサポートします。

File

  • マウントされるファイルシステムのエクスポートとして、OS に公開されます。
  • ネットワークアタッチストレージ (NAS) とも呼ばれます。
  • 同時実行、レイテンシー、ファイルロックのメカニズムその他の各種機能は、プロトコルおよび実装、ベンダー、スケールによって大きく異なります。

RHEL NFS、NetApp NFS [a]および Vendor NFS

Object

  • REST API エンドポイント経由でアクセスできます。
  • OpenShift Container Platform レジストリーで使用するために設定できます。
  • アプリケーションは、ドライバーをアプリケーションやコンテナーに組み込む必要があります。

AWS S3

[a] NetApp NFS は Trident プラグインを使用する場合に動的 PV のプロビジョニングをサポートします。
重要

現時点で、CNS は OpenShift Container Platform 4.3 ではサポートされていません。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。