Menu Close

2.2.4.3. Windows での 7.2.x から 7.3.0 へのアップグレード

手順

  1. AMQ Broker アーカイブのダウンロード の手順に従って、Red Hat カスタマーポータルから必要なアーカイブを ダウンロードします。
  2. ファイルマネージャーを使用して、アーカイブを AMQ Broker の最後のインストール時に作成したフォルダーに移動します。
  3. アーカイブの内容を抽出します。.zip ファイルを右クリックし、Extract All を選択します。
  4. 以下のコマンドを入力してブローカーが実行している場合は停止します。

    <broker_instance_dir>\bin\artemis-service.exe stop
  5. ファイルマネージャーを使用してブローカーをバックアップします。

    1. <broker_instance_dir> フォルダーを右クリックし、Copy を選択します。
    2. 同じウィンドウを右クリックし、Paste を選択します。
  6. (オプション)ブローカーの現行バージョンをメモします。ブローカーが停止すると、<broker_instance_dir>\log\artemis.log にあるログファイルの最後に、以下のような行が表示されます。

    INFO  [org.apache.activemq.artemis.core.server] AMQ221002: Apache ActiveMQ Artemis Message Broker version 2.6.3.amq-720001-redhat-1 [4782d50d-47a2-11e7-a160-9801a793ea45] stopped, uptime 28 minutes
  7. <broker_instance_dir>\etc\artemis.profile.cmd および <broker_instance_dir>\bin\artemis-service.xml 設定ファイルを編集して、アーカイブを抽出した際に作成された新しいディレクトリに、ARTEMIS_HOMEプロパティを設定します。

    ARTEMIS_HOME=<install_dir>
  8. <broker_instance_dir>\etc\artemis.profile.cmd 設定ファイルを編集し、適切なログマネージャーのバージョンを参照するように JAVA_ARGS 環境を設定します。

    JAVA_ARGS=<install_dir>\lib\jboss-logmanager-2.0.3.Final-redhat-1.jar
  9. <broker_instance_dir>\bin\artemis-service.xml 設定ファイルを編集し、適切なログマネージャーバージョンを参照するようにブートストラップクラスパスの開始引数を設定します。

    <startargument>Xbootclasspath/a:%ARTEMIS_HOME%\lib\jboss-logmanager-2.0.3.Final-redhat-1.jar</startargument>
  10. アップグレードされたブローカーを起動します。

    <broker_instance_dir>\bin\artemis-service.exe start
  11. (オプション)ブローカーが実行され、バージョンが変更されたことを確認します。ブローカーを起動した後、ログファイル <broker_instance_dir>\log\artemis.log を開くと、以下のような行があります。ブローカーの稼働後にログに表示される新しいバージョン番号に注意してください。

    INFO  [org.apache.activemq.artemis.core.server] AMQ221007: Server is now live
    ...
    INFO  [org.apache.activemq.artemis.core.server] AMQ221001: Apache ActiveMQ Artemis Message Broker version 2.7.0.redhat-00054 [0.0.0.0, nodeID=554cce00-63d9-11e8-9808-54ee759954c4]

関連情報

  • ブローカーのインスタンス作成に関する詳細は、「ブローカーインスタンスの作成」を 参照してください。
  • ブローカーインスタンスの設定ファイルおよびデータをカスタムディレクトリーに格納できます。これには、ブローカーインスタンスのディレクトリー外にある場所が含まれます。In the <broker_instance_dir>\etc\artemis.profileファイルで、ブローカーインスタンスの作成後にカスタムディレクトリーの場所を指定し、ARTEMIS_INSTANCE_ETC_URIプロパティを更新します。以前のバージョンでは、これらの設定ファイルとデータは、ブローカーインスタンスのディレクトリー内の \etc ディレクトリーおよび \data ディレクトリーにのみ保存できました。