Menu Close

2.2.2. ブローカーインスタンスの 7.0.x から 7.1.0 へのアップグレード

AMQ Broker 7.1.0 には、以前のバージョンに含まれていない設定ファイルおよび設定が含まれています。ブローカーインスタンスを 7.0.x から 7.1.0 にアップグレードするには、これらの新しいファイルおよび設定を既存の 7.0.x ブローカーインスタンスに追加する必要があります。以下のサブセクションでは、さまざまなオペレーティングシステムの 7.0.x ブローカーインスタンスを 7.1.0 にアップグレードする方法を説明します。

重要

AMQ Broker 7.1.0 以降では、デフォルトでローカルホストからのみ AMQ 管理コンソールにアクセスできます。コンソールにリモートアクセスを設定する方法は、「 Configuring local and remote access to AMQ Management Console 」を参照してください。

2.2.2.1. Linux での 7.0.x から 7.1.0 へのアップグレード

7.0.x ブローカーをアップグレードする前に、Red Hat AMQ Broker 7.1.0 をインストールし、一時的なブローカーインスタンスを作成する必要があります。これにより、7.0.x ブローカーのアップグレードに必要な 7.1.0 設定ファイルが生成されます。

前提条件

  • AMQ Broker をアップグレードする前に、ターゲットリリースのリリースノートを確認してください。

    本リリースノートでは、ターゲットリリースにおける重要な拡張機能、既知の問題、および動作の変更を説明します。

    詳細は、AMQ Broker 7.1 リリースノートを参照してください。

  • 7.0.x ブローカーをアップグレードする前に、まずバージョン 7.1 をインストールする必要があります。

    Linux に 7.1 をインストールする手順は、「 Installing AMQ Broker 」を参照してください。

手順

  1. 実行中の場合は、アップグレードする 7.0.x ブローカーを停止します。

    $ <broker_instance_dir>/bin/artemis stop
  2. 現行ユーザーのホームディレクトリーにコピーして、ブローカーのインスタンスディレクトリーをバックアップします。

    cp -r <broker_instance_dir> ~/
  3. 7.0.xブローカーの <broker_instance_dir>/etc/ディレクトリにあるartemis.profileファイルを開きます。

    1. ARTEMIS_HOME プロパティーを更新し、その値が AMQ Broker 7.1.0 のインストールディレクトリーを参照するようにします。

      ARTEMIS_HOME="<7.1.0_install_dir>"
    2. 更新した行の1つ下の行で、プロパティー ARTEMIS_INSTANCE_URI を追加して、7.0.x ブローカーインスタンスディレクトリーを参照する値を割り当てます。

      ARTEMIS_INSTANCE_URI="file://<7.0.x_broker_instance_dir>"
    3. JAVA_ARGS プロパティーに jolokia.policyLocation パラメーターを追加し、以下の値を割り当てて更新します。

      -Djolokia.policyLocation=${ARTEMIS_INSTANCE_URI}/etc/jolokia-access.xml
  4. 7.1.0 ブローカーインスタンスを作成します。作成手順により、7.0.x から 7.1.0 へのアップグレードに必要な設定ファイルが生成されます。以下の例では、インスタンスが upgrade_tmp ディレクトリーに作成されることに注意してください。

    $ <7.1.0_install_dir>/bin/artemis create --allow-anonymous --user admin --password admin upgrade_tmp
  5. 一時的な7.1.0インスタンスのetcディレクトリから、7.0.xブローカーの<broker_instance_dir>/etc/ディレクトリに設定ファイルをコピーします。

    1. management.xml ファイルをコピーします。

      $ cp <temporary_7.1.0_broker_instance_dir>/etc/management.xml <7.0_broker_instance_dir>/etc/
    2. jolokia-access.xml ファイルをコピーします。

      $ cp <temporary_7.1.0_broker_instance_dir>/etc/jolokia-access.xml <7.0_broker_instance_dir>/etc/
  6. 7.0.xブローカーの<broker_instance_dir>/etc/ディレクトリにあるbootstrap.xmlファイルを開きます。

    1. 以下の 2 つの行をコメントアウトまたは削除します。

      <app url="jolokia" war="jolokia.war"/>
      <app url="hawtio" war="hawtio-no-slf4j.war"/>
    2. 以下の行を追加して、直前の手順で削除された 2 つの行を置き換えます。

      <app url="console" war="console.war"/>
  7. アップグレードしたブローカーを起動します。

    $ <broker_instance_dir>/bin/artemis run

関連情報

ブローカーのインスタンス作成に関する詳細は、「ブローカーインスタンスの作成」を 参照してください。