Menu Close

4.5. AMQ 管理コンソールを使用したブローカーの管理

AMQ 管理コンソールを使用して、稼働中のブローカーに関する情報を表示し、以下のリソースを管理できます。

  • 着信ネットワーク接続(アクセプター)
  • アドレス
  • キュー

4.5.1. ブローカーの詳細の表示

ブローカーの設定方法を確認するには、左側のメニューで Artemis をクリックします。フォルダーツリーでは、ローカルブローカーがデフォルトで選択されます。

メインペインで、以下のタブが利用できます。

状態

アップタイムやクラスター情報などのブローカーの現在のステータスについての情報を表示します。また、ブローカーが現在使用しているアドレスメモリー容量も表示します。グラフでは、この値をglobal-max-sizeコ設定パラメーターに対する割合で示しています。

図4.2 Status タブ

*Status* タブ
接続
クライアント、クラスター、ブリッジ接続などのブローカー接続に関する情報を表示します。
セッション
ブローカーで現在開いているすべてのセッションに関する情報を表示します。
コンシューマー
ブローカーで現在開いているすべてのコンシューマーに関する情報を表示します。
プロデューサー
ブローカーで現在開いているプロデューサーに関する情報を表示します。
アドレス
ブローカーのアドレスに関する情報を表示します。これには、store-and-forward アドレスなどの内部アドレスが含まれます。
キュー
ブローカーのキューに関する情報を表示します。これには、store-and-forward キューなどの内部キューが含まれます。
属性
ブローカーに設定された属性に関する詳細情報を表示します。
操作
コンソールからブローカーで実行できる JMX 操作を表示します。操作をクリックすると、ダイアログボックスが開き、操作のパラメーター値を指定できます。
チャート
ブローカーに設定された属性のリアルタイムデータを表示します。チャートを編集して、チャートに含まれる属性を指定できます。
Broker diagram
クラスタートポロジーの図を表示します。これには、クラスター内のすべてのブローカーと、ローカルブローカーのアドレスおよびキューが含まれます。