Menu Close

第3章 コマンドラインインターフェースの使用

コマンドラインインターフェース(CLI)を使用すると、対話式ターミナルを使用してメッセージブローカーと対話できます。ブローカーアクションの管理、メッセージの設定、および CLI を使用して便利なコマンドを入力できます。

コマンドラインインターフェース(CLI)により、対話プロセスを使用してユーザーおよびロールをファイルに追加できます。

3.1. ブローカーインスタンスの起動

ブローカーインスタンスは、ログやデータファイルなど、すべての設定およびランタイムデータが含まれるディレクトリーです。ランタイムデータは一意のブローカープロセスに関連付けられます。

artemis スクリプトを Linux サービスまたは Windows サービスとして使用することで、フォアグラウンドでブローカーを起動することができます。

3.1.1. ブローカーインスタンスの起動

ブローカーインスタンスの作成後に、 artemis run コマンドを使用して起動します。

手順

  1. インストール時に作成したユーザーアカウントに切り替えます。

    $ su - amq-broker
  2. artemis run コマンドを使用してブローカーインスタンスを起動します。

    $ /var/opt/amq-broker/mybroker/bin/artemis run
    
              __  __  ____    ____            _
        /\   |  \/  |/ __ \  |  _ \          | |
       /  \  | \  / | |  | | | |_) |_ __ ___ | | _____ _ __
      / /\ \ | |\/| | |  | | |  _ <| '__/ _ \| |/ / _ \ '__|
     / ____ \| |  | | |__| | | |_) | | | (_) |   <  __/ |
    /_/    \_\_|  |_|\___\_\ |____/|_|  \___/|_|\_\___|_|
    
    Red Hat JBoss AMQ 7.2.1.GA
    
    10:53:43,959 INFO  [org.apache.activemq.artemis.integration.bootstrap] AMQ101000: Starting ActiveMQ Artemis Server
    10:53:44,076 INFO  [org.apache.activemq.artemis.core.server] AMQ221000: live Message Broker is starting with configuration Broker Configuration (clustered=false,journalDirectory=./data/journal,bindingsDirectory=./data/bindings,largeMessagesDirectory=./data/large-messages,pagingDirectory=./data/paging)
    10:53:44,099 INFO  [org.apache.activemq.artemis.core.server] AMQ221012: Using AIO Journal
    ...

    ブローカーが起動し、以下の情報でログ出力が表示されます。

    • トランザクションログとクラスター設定の場所。
    • メッセージの永続性に使用されるジャーナルのタイプ (この場合はAIO)。
    • クライアント接続を許可できる URI。

      デフォルトでは、ポート 61616 は、サポートされる任意のプロトコル (CORE、MQTT、AMQP、STOMP、HORNETQ、および OPEN) からの接続を許可できます。各プロトコルには個別のポートも存在します。

    • Web コンソールは http://localhost:8161 から入手できます。
    • Jolokia サービス (JMX over REST) は http://localhost:8161/jolokia から入手できます。

3.1.2. Linux サービスとしてブローカーの起動

ブローカーが Linux にインストールされている場合は、サービスとして実行できます。

手順

  1. /etc/systemd/system/ディレクトリにamq-broker.serviceファイルを新規に作成します。
  2. 以下のテキストをファイルにコピーします。

    ブローカーインスタンスの作成時に提供される情報に応じて、パスおよびユーザーフィールドを変更します。以下の例では、ユーザーamq-brokerが、/var/opt/amq-broker/mybroker/ディレクトリの下にインストールされたブローカーサービスを起動します。

    [Unit]
    Description=AMQ Broker
    After=syslog.target network.target
    
    [Service]
    ExecStart=/var/opt/amq-broker/mybroker/bin/artemis run
    Restart=on-failure
    User=amq-broker
    Group=amq-broker
    
    # A workaround for Java signal handling
    SuccessExitStatus=143
    
    [Install]
    WantedBy=multi-user.target
  3. Open a terminal.
  4. 以下のコマンドを使用してブローカーサービスを有効にします。

    sudo systemctl enable amq-broker
  5. 以下のコマンドを使用してブローカーサービスを実行します。

    sudo systemctl start amq-broker

3.1.3. Windows サービスとしてブローカーの起動

ブローカーが Windows にインストールされている場合は、サービスとして実行できます。

手順

  1. コマンドプロンプトを開いてコマンドを入力
  2. 以下のコマンドを使用して、ブローカーをサービスとしてインストールします。

    <broker_instance_dir>\bin\artemis-service.exe install
  3. 以下のコマンドを使用してサービスを起動します。

    <broker_instance_dir>\bin\artemis-service.exe start
  4. (オプション)サービスをアンインストールします。

    <broker_instance_dir>\bin\artemis-service.exe uninstall