Menu Close

4.4.2. AMQ 管理コンソールへのユーザーアクセスの設定

ブローカーのログインクレデンシャルを使用して、AMQ 管理コンソールにアクセスできます。以下の表は、AMQ 管理コンソールにアクセスするためにブローカーユーザーを追加するさまざまな方法について説明します。

認証方法説明

ゲスト認証

匿名アクセスを有効にします。この設定では、クレデンシャルがない、または誤ったクレデンシャルで接続するユーザーは、自動的に認証され、特定のユーザーとロールが割り当てられます。

詳細は、『 Configuring AMQ Broker 』の「 Configuring guest access 」を参照してください。

基本的なユーザーとパスワード認証

各ユーザーに、ユーザー名とパスワードを定義してセキュリティロールを割り当てる必要があります。ユーザーは、これらのクレデンシャルを使用して AMQ 管理コンソールにのみログインできます。

詳細は、『 Configuring AMQ Broker 』の「 Configuring basic user and password authentication 」を参照してください。

LDAP 認証

ユーザーは、中央の X.500 ディレクトリーサーバーに保存されているユーザーデータに対してクレデンシャルをチェックして認証および認可されます。

詳細は、『 Configuring AMQ Broker 』の「 Configuring LDAP to authenticate clients 」を参照してください。