Menu Close

6.6.2. メッセージカウンターの有効化

メッセージカウンターはブローカーのメモリーに若干影響を与える可能性があるため、デフォルトでは無効になっています。メッセージカウンターを使用するには、まずメッセージカウンターを有効にする必要があります。

手順

  1. <broker_instance_dir>/etc/broker.xml 設定ファイルを開きます。
  2. メッセージカウンターを有効にします。

    <message-counter-enabled>true</message-counter-enabled>
  3. メッセージカウンター履歴およびサンプリング期間を設定します。

    <message-counter-max-day-history>7</message-counter-max-day-history>
    <message-counter-sample-period>60000</message-counter-sample-period>
    message-counter-max-day-history
    キューメトリクスを保存する必要のある日数。デフォルトは 10 日です。
    message-counter-sample-period
    メトリクスを収集するためにブローカーがキューをサンプルする頻度(ミリ秒単位)。デフォルトは 10000 ミリ秒です。