Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.3. rdma サービスの設定

rdma サービスは、カーネルのスタックを管理します。Red Hat Enterprise Linux が InfiniBand、iWARP、または RoCE デバイスと同じ設定ファイルが /etc/rdma/modules/* に存在することを検出すると、udev デバイスマネージャーは systemdrdma サービスを開始するように指示します。デフォルトでは、/etc/rdma/modules/rdma.conf がこれらのサービスの設定と読み込みを行います。

手順

  1. /etc/rdma/modules/rdma.conf ファイルを編集し、有効にしたい変数を yes に設定します。

    # Load IPoIB
    IPOIB_LOAD=yes
    # Load SRP (SCSI Remote Protocol initiator support) module
    SRP_LOAD=yes
    # Load SRPT (SCSI Remote Protocol target support) module
    SRPT_LOAD=yes
    # Load iSER (iSCSI over RDMA initiator support) module
    ISER_LOAD=yes
    # Load iSERT (iSCSI over RDMA target support) module
    ISERT_LOAD=yes
    # Load RDS (Reliable Datagram Service) network protocol
    RDS_LOAD=no
    # Load NFSoRDMA client transport module
    XPRTRDMA_LOAD=yes
    # Load NFSoRDMA server transport module
    SVCRDMA_LOAD=no
    # Load Tech Preview device driver modules
    TECH_PREVIEW_LOAD=no
  2. rdma サービスを再起動します。

    # systemctl restart rdma