6.3. IPoIB の設定後に qperf を使用した RDMA ネットワークのテスト

この手順では、qperf ユーティリティーを使用して、InfiniBand アダプター設定を表示し、ホスト間の帯域幅とレイテンシーを測定する方法の例を説明します。

前提条件

  • qperf パッケージが両方のホストにインストールされている。
  • IPoIB が両方のホストに設定されている。

手順

  1. サーバーとして機能するオプションを指定せずに、いずれかのホストで qperf を起動します。

    # qperf
  2. クライアントで以下のコマンドを使用します。コマンドは、クライアントの mlx4_0 ホストチャネルアダプターのポート 1 を使用して、サーバーの InfiniBand アダプターに割り当てられた IP アドレス 192.0.2.1 に接続します。

    1. 設定を表示するには、以下を入力します。

      qperf -v -i mlx4_0:1 192.0.2.1 conf
      -------------------------
      conf:
          loc_node   =  rdma-dev-01.lab.bos.redhat.com
          loc_cpu    =  12 Cores: Mixed CPUs
          loc_os     =  Linux 4.18.0-187.el8.x86_64
          loc_qperf  =  0.4.11
          rem_node   =  rdma-dev-00.lab.bos.redhat.com
          rem_cpu    =  12 Cores: Mixed CPUs
          rem_os     =  Linux 4.18.0-187.el8.x86_64
          rem_qperf  =  0.4.11
      -------------------------
    2. Reliable Connection (RC) ストリーミングの双方向帯域幅を表示するには、以下を入力します。

      # qperf -v -i mlx4_0:1 192.0.2.1 rc_bi_bw
      -------------------------
      rc_bi_bw:
          bw             =  10.7 GB/sec
          msg_rate       =   163 K/sec
          loc_id         =  mlx4_0
          rem_id         =  mlx4_0:1
          loc_cpus_used  =    65 % cpus
          rem_cpus_used  =    62 % cpus
      -------------------------
    3. RC ストリーミングの一方向帯域幅を表示するには、以下を入力します。

      # qperf -v -i mlx4_0:1 192.0.2.1 rc_bw
      -------------------------
      rc_bw:
          bw              =  6.19 GB/sec
          msg_rate        =  94.4 K/sec
          loc_id          =  mlx4_0
          rem_id          =  mlx4_0:1
          send_cost       =  63.5 ms/GB
          recv_cost       =    63 ms/GB
          send_cpus_used  =  39.5 % cpus
          recv_cpus_used  =    39 % cpus
      -------------------------

関連情報

  • qperf の詳細は、man ページの qperf(1) を参照してください。