Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.2. Soft-iWARP の設定

Soft-iWARP (siw) は、Linux TCP/IP ネットワークスタックを介して Internet Wide-area RDMA Protocol (iWARP) Remote Direct Memory Access (RDMA) トランスポートを実装します。これにより、標準のイーサネットアダプターを備えたシステムが、iWARP アダプター、または Soft-iWARP ドライバーを実行している別のシステム、または iWARP をサポートするハードウェアを備えたホストと相互運用できるようになります。

重要

Soft-iWARP 機能は、テクノロジープレビューとしてのみ提供されます。テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。これらのプレビューは、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供します。これにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

テクノロジープレビュー機能のサポート範囲については、Red Hat カスタマーポータルの テクノロジープレビュー機能のサポート範囲 を参照してください。

Soft-iWARP を設定するには、スクリプトでこの手順を使用して、システムの起動時に自動的に実行することができます。

前提条件

  • イーサネットアダプターが搭載されている

手順

  1. iproute パッケージ、libibverbs パッケージ、libibverbs-utils パッケージ、および infiniband-diags パッケージをインストールします。

    # yum install iproute libibverbs libibverbs-utils infiniband-diags
  2. RDMA リンクを表示します。

    # rdma link show
  3. siw カーネルモジュールをロードします。

    # modprobe siw
  4. enp0s1 インターフェイスを使用する、siw0 という名前の新しい siw デバイスを追加します。

    # rdma link add siw0 type siw netdev enp0s1

検証

  1. すべての RDMA リンクの状態を表示します。

    # rdma link show
    
    link siw0/1 state ACTIVE physical_state LINK_UP netdev enp0s1
  2. 利用可能な RDMA デバイスを一覧表示します。

    # ibv_devices
    
     device                 node GUID
     ------              ----------------
     siw0                0250b6fffea19d61
  3. ibv_devinfo ユーティリティーを使用して、詳細なステータスを表示することができます。

    # ibv_devinfo siw0
    
        hca_id:               siw0
        transport:            iWARP (1)
        fw_ver:               0.0.0
        node_guid:            0250:b6ff:fea1:9d61
        sys_image_guid:       0250:b6ff:fea1:9d61
        vendor_id:            0x626d74
        vendor_part_id:       1
        hw_ver:               0x0
        phys_port_cnt:          1
            port:               1
                state:          PORT_ACTIVE (4)
                max_mtu:        1024 (3)
                active_mtu:     1024 (3)
                sm_lid:         0
                port_lid:       0
                port_lmc:       0x00
                link_layer:     Ethernet