5.4. nm-connection-editor を使用した IPoIB 接続の設定

この手順では、nm-connection-editor アプリケーションを使用して IPoIB 接続を設定する方法を説明します。

前提条件

  • サーバーに InfiniBand デバイスがインストールされており、対応するカーネルモジュールが読み込まれている。
  • nm-connection-editor パッケージがインストールされている。

手順

  1. 端末を開き、次のコマンドを入力します。

    $ nm-connection-editor
  2. + ボタンをクリックして、新しい接続を追加します。
  3. InfiniBand 接続タイプを選択し、Create をクリックします。
  4. InfiniBand タブで以下を行います。

    1. 必要に応じて、接続名を変更します。
    2. トランスポートモードを選択します。
    3. デバイスを選択します。
    4. 必要に応じて、MTU を設定します。
  5. IPv4 Settings タブで、IPv4 設定を構成します。たとえば、静的な IPv4 アドレス、ネットワークマスク、デフォルトゲートウェイ、および DNS サーバーを設定します。 infiniband IPv4 settings nm connection editor
  6. IPv6 設定 タブで、IPv6 設定を構成します。たとえば、静的な IPv6 アドレス、ネットワークマスク、デフォルトゲートウェイ、および DNS サーバーを設定します。 infiniband IPv6 settings nm connection editor
  7. 保存 をクリックして、チーム接続を保存します。
  8. nm-connection-editor を閉じます。
  9. 必要に応じて、P_Key インターフェースを設定します。nm-connection-editor ではこの設定を利用できないため、このパラメーターをコマンドラインで設定する必要があります。

    たとえば、mlx4_ib0 接続の P_Key インターフェースとして 0x8002 を設定するには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection modify mlx4_ib0 infiniband.p-key 0x8002