Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.3. Soft-RoCE の設定

Soft-RoCE は、イーサネット経由のリモートダイレクトメモリーアクセス (RDMA) のソフトウェア実装で、RXE とも呼ばれます。RoCE ホストチャンネルアダプター (HCA) のないホストで Soft-RoCE を使用します。

重要

Soft-RoCE 機能はテクノロジープレビューとしてのみ提供されます。テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。これらのプレビューは、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供します。これにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

テクノロジープレビュー機能のサポート範囲については、Red Hat カスタマーポータルの テクノロジープレビュー機能のサポート範囲 を参照してください。

前提条件

  • イーサネットアダプターが搭載されている

手順

  1. iproute パッケージ、libibverbs パッケージ、libibverbs-utils パッケージ、および infiniband-diags パッケージをインストールします。

    # yum install iproute libibverbs libibverbs-utils infiniband-diags
  2. RDMA リンクを表示します。

    # rdma link show
  3. rdma_rxe カーネルモジュールをロードし、enp0s1 インターフェイスを使用する rxe0 という名前の新しい rxe デバイスを追加します。

    # rdma link add rxe0 type rxe netdev enp1s0

検証

  1. すべての RDMA リンクの状態を表示します。

    # rdma link show
    
    link rxe0/1 state ACTIVE physical_state LINK_UP netdev enp1s0
  2. 利用可能な RDMA デバイスを一覧表示します。

    # ibv_devices
    
        device          	   node GUID
        ------          	----------------
        rxe0            	505400fffed5e0fb
  3. ibstat ユーティリティーを使用して詳細なステータスを表示することができます。

    # ibstat rxe0
    
    CA 'rxe0'
    	CA type:
    	Number of ports: 1
    	Firmware version:
    	Hardware version:
    	Node GUID: 0x505400fffed5e0fb
    	System image GUID: 0x0000000000000000
    	Port 1:
    		State: Active
    		Physical state: LinkUp
    		Rate: 100
    		Base lid: 0
    		LMC: 0
    		SM lid: 0
    		Capability mask: 0x00890000
    		Port GUID: 0x505400fffed5e0fb
    		Link layer: Ethernet