2.3. Soft-RoCE の設定

Soft-RoCE は、イーサネット経由のリモートダイレクトメモリーアクセス (RDMA) のソフトウェア実装で、RXE とも呼ばれます。本セクションでは、Soft-RoCE を設定する方法を説明します。

RoCE ホストチャンネルアダプター (HCA) のないホストで Soft-RoCE を使用します。

前提条件

  • システムにイーサネットアダプターがインストールされている。

手順

  1. libibverbs パッケージ、libibverbs-utils パッケージ、および infiniband-diags パッケージをインストールします。

    # yum install libibverbs libibverbs-utils infiniband-diags
  2. rdma_rxe カーネルモジュールを読み込み、現在の設定を表示します。

    # rxe_cfg start
      Name    Link  Driver      Speed  NMTU  IPv4_addr        RDEV  RMTU
      enp7s0  yes   virtio_net         1500
  3. 新しい RXE デバイスを追加します。たとえば、enp7s0 イーサネットデバイスを RXE デバイスとして追加するには、次のコマンドを実行します。

    # rxe_cfg add enp7s0
  4. RXE デバイスステータスを表示します。

    # rxe_cfg status
      Name    Link  Driver      Speed  NMTU  IPv4_addr        RDEV  RMTU
      enp7s0  yes   virtio_net         1500                   rxe0  1024  (3)

    RDEV 列で、enp7s0rxe0 デバイスにマッピングされていることを確認します。

  5. 必要に応じて、システムで利用可能な RDMA デバイスの一覧を表示します。

    # ibv_devices
        device          	   node GUID
        ------          	----------------
        rxe0            	505400fffed5e0fb

    または、ibstat ユーティリティーを使用して詳細なステータスを表示します。

    # ibstat rxe0
    CA 'rxe0'
    	CA type:
    	Number of ports: 1
    	Firmware version:
    	Hardware version:
    	Node GUID: 0x505400fffed5e0fb
    	System image GUID: 0x0000000000000000
    	Port 1:
    		State: Active
    		Physical state: LinkUp
    		Rate: 100
    		Base lid: 0
    		LMC: 0
    		SM lid: 0
    		Capability mask: 0x00890000
    		Port GUID: 0x505400fffed5e0fb
    		Link layer: Ethernet