Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.3.7. sealert メッセージ

拒否には ID が割り当てられ、/var/log/messages で見ることができます。以下の例は、Apache HTTP Server (httpd_t ドメインで稼働中) が /var/www/html/file1 ファイル (samba_share_t タイプでラベル付け) にアクセスしようとした際に発生したAVC 拒否 (messages にログ記録) です。
hostname setroubleshoot: SELinux is preventing httpd (httpd_t) "getattr" to /var/www/html/file1 (samba_share_t). For complete SELinux messages. run sealert -l 84e0b04d-d0ad-4347-8317-22e74f6cd020
以下のように、sealert -l 84e0b04d-d0ad-4347-8317-22e74f6cd020 コマンドを実行して完全なメッセージを表示します。このコマンドはローカルマシン上でのみ機能し、sealert GUI と同じ情報を提示します。
~]$ sealert -l 84e0b04d-d0ad-4347-8317-22e74f6cd020

Summary:

SELinux is preventing httpd (httpd_t) "getattr" to /var/www/html/file1
(samba_share_t).

Detailed Description:

SELinux denied access to /var/www/html/file1 requested by httpd.
/var/www/html/file1 has a context used for sharing by different program. If you
would like to share /var/www/html/file1 from httpd also, you need to change its
file context to public_content_t. If you did not intend to this access, this
could signal a intrusion attempt.

Allowing Access:

You can alter the file context by executing chcon -t public_content_t
'/var/www/html/file1'

Fix Command:

chcon -t public_content_t '/var/www/html/file1'

Additional Information:

Source Context                unconfined_u:system_r:httpd_t:s0
Target Context                unconfined_u:object_r:samba_share_t:s0
Target Objects                /var/www/html/file1 [ file ]
Source                        httpd
Source Path                   /usr/sbin/httpd
Port                          <Unknown>
Host                          hostname
Source RPM Packages           httpd-2.2.10-2
Target RPM Packages
Policy RPM                    selinux-policy-3.5.13-11.fc12
Selinux Enabled               True
Policy Type                   targeted
MLS Enabled                   True
Enforcing Mode                Enforcing
Plugin Name                   public_content
Host Name                     hostname
Platform                      Linux hostname 2.6.27.4-68.fc12.i686 #1 SMP Thu Oct
30 00:49:42 EDT 2008 i686 i686
Alert Count                   4
First Seen                    Wed Nov  5 18:53:05 2008
Last Seen                     Wed Nov  5 01:22:58 2008
Local ID                      84e0b04d-d0ad-4347-8317-22e74f6cd020
Line Numbers

Raw Audit Messages

node=hostname type=AVC msg=audit(1225812178.788:101): avc:  denied  { getattr } for  pid=2441 comm="httpd" path="/var/www/html/file1" dev=dm-0 ino=284916 scontext=unconfined_u:system_r:httpd_t:s0 tcontext=unconfined_u:object_r:samba_share_t:s0 tclass=file

node=hostname type=SYSCALL msg=audit(1225812178.788:101): arch=40000003 syscall=196 success=no exit=-13 a0=b8e97188 a1=bf87aaac a2=54dff4 a3=2008171 items=0 ppid=2439 pid=2441 auid=502 uid=48 gid=48 euid=48 suid=48 fsuid=48 egid=48 sgid=48 fsgid=48 tty=(none) ses=3 comm="httpd" exe="/usr/sbin/httpd" subj=unconfined_u:system_r:httpd_t:s0 key=(null)
Summary
拒否されたアクションの簡潔なサマリーです。これは、/var/log/messages の拒否と同じです。この例では、httpd プロセスが samba_share_t タイプのラベル付けがされたファイル (file1) へのアクセスを拒否されました。
Detailed Description
より詳細な説明です。この例では、file1samba_share_t タイプのラベル付けをされています。このタイプは、Samba でエクスポートするファイルおよびディレクトリーに使われます。説明では、Apache HTTP Server および Samba によるアクセスが望まれる場合、タイプを Apache HTTP Server および Samba がアクセス可能なものに変更することを提案しています。
Allowing Access
アクセスを可能にする方法を提案しています。ファイルの再ラベル付けやブール値をオンにする、ローカルポリシーモジュールの作成などの方法があります。このケースでは、Apache HTTP Server および Samba の両方がアクセス可能なタイプでファイルにラベル付けすることを提案しています。
Fix Command
アクセスを可能にし、拒否を解決するコマンドを提案しています。この例では、file1 タイプを Apache HTTP Server と Samba の両方にアクセス可能な public_content_t に変更するコマンドを提示しています。
Additional Information
ポリシーパッケージ名やバージョン (selinux-policy-3.5.13-11.fc12) などのバグレポートに便利な情報です。ただ、拒否が発生した原因の解決には役立たない可能性があります。
Raw 監査メッセージ
/var/log/audit/audit.log からの拒否に関連した raw 監査メッセージです。AVC 拒否の各アイテムに関しては、「Raw 監査メッセージ」 を参照してください。