Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.2. SELinux の使用例

以下では、SELinux がセキュリティーを強化する具体例を示しています。
  • デフォルトのアクションは、拒否。ファイルを開くプロセスなどで、アクセスを許可する SELinux ポリシールールがない場合は、アクセスが拒否されます。
  • SELinux は Linux ユーザーを制限できます。SELinux ポリシーには、制限された SELinux ユーザーが多く存在します。Linux ユーザーを制限された SELinux ユーザーにマッピングして、これらのユーザーに適用されているセキュリティールールとメカニズムの利点を活用することができます。例えば、ある Linux ユーザーを SELinux user_u ユーザーにマッピングすると、この Linux ユーザーは sudosu といったセットユーザー ID (setuid) アプリケーションを(実行可能と設定されている場合以外は)実行できません。また、ホームディレクトリーにあるファイルやアプリケーションの実行を防止して、ユーザーが悪意のあるファイルを自身のホームディレクトリーから実行しないようにします。
  • プロセス分離の使用。プロセスはそれぞれのドメインで実行されるので、他のプロセスが使用するファイルやそれらのプロセスに別のプロセスがアクセスすることを防ぎます。例えば SELinux 実行中の場合、攻撃者が Samba サーバーに侵入しても、この Samba サーバーを攻撃者のベクターとして利用して、MySQL が使用するデータベースなどの他のプロセスによって使われるファイルの読み取りや書込みはできません。
  • SELinux は、設定ミスによる損害の制限に役立ちます。ドメインネームシステム (DNS) サーバーは、ゾーン転送と呼ばれる DNS サーバー間での情報複製を頻繁に行います。攻撃者は、ゾーン転送を使って、DNS サーバーを偽の情報で更新できます。Red Hat Enterprise Linux で BIND (Berkeley Internet Name Domain) を DNS サーバーとして稼働している場合、ゾーン転送を実行できるサーバーの制限を管理者が忘れても、デフォルトの SELinux ポリシーは、ゾーンファイル [3] が BIND named デーモン自体や他のプロセスによってゾーン転送経由で更新されることを防ぎます。
  • Red Hat Enterprise Linux 4 におけるデフォルトの SELinux 対象ポリシーによるエクスプロイトの制限については、Red Hat Magazine の記事、Risk report: Three years of Red Hat Enterprise Linux 4[4] を参照してください。
  • SELinux についてのバックグラウンド情報と SELinux が防いだ多種のエクスプロイトについての情報は、NetworkWorld.com の記事、A seatbelt for server software: SELinux blocks real-world exploits[5] を参照してください。
  • Red Hat Enterprise Linux 4 および 5 と出荷された SELinux が軽減した OpenPegasus のエクスプロイトについての情報は、James Morris 氏のブログ記事 SELinux mitigates remote root vulnerability in OpenPegasus を参照してください。


[3] IP アドレスマッピングへのホスト名などの情報を含むテキストファイルで、DNS サーバーが使用するもの
[4] Cox, Mark. "Risk report: Three years of Red Hat Enterprise Linux 4". 2008 年 2 月 26 日発行。Accessed 27 August 2009: http://magazine.redhat.com/2008/02/26/risk-report-three-years-of-red-hat-enterprise-linux-4/.
[5] Marti, Don. "A seatbelt for server software: SELinux blocks real-world exploits". 2008 年 2 月 24 日発行。Accessed 27 August 2009: http://www.networkworld.com/news/2008/022408-selinux.html.