Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.6. ブール値

ブール値を使うと、SELinux ポリシー記述の知識がなくても、ランタイム時にSELinux ポリシーの一部を変更できます。これにより、SELinux ポリシーの再ロードや再コンパイルをせずに、NFS ファイルシステムへのサービスによるアクセスを許可するといった変更が可能になります。

5.6.1. ブール値の一覧表示

ブール値の一覧表示で、各項目が何であるかやそれらがオンかオフかについてなどの説明は、Linux root ユーザーで semanage boolean -l コマンドを実行します。以下の例では、すべてのブール値が表示されているわけではありません。
~]# semanage boolean -l
SELinux boolean                          Description

ftp_home_dir                   -> off   Allow ftp to read and write files in the user home directories
xen_use_nfs                    -> off   Allow xen to manage nfs files
xguest_connect_network         -> on    Allow xguest to configure Network Manager
SELinux boolean コラムは、ブール値の名前を表示します。 Description コラムは、ブール値がオンかオフか、またそれらが何をするかを表示します。
以下の例では、ftp_home_dir ブール値はオフで、FTP デーモン (vsftpd) がユーザーのホームディレクトリーにあるファイルに読み取り/書き込みをしないようにしています。
ftp_home_dir                   -> off   Allow ftp to read and write files in the user home directories
getsebool -a コマンドはブール値を一覧表示し、オンかオフかを表示しますが、個別の説明はありません。以下の例は、すべてのブール値を表示しているわけではありません。
~]$ getsebool -a
allow_console_login --> off
allow_cvs_read_shadow --> off
allow_daemons_dump_core --> on
getsebool boolean-name コマンドを実行すると、boolean-name ブール値のステータスのみを一覧表示します。
~]$ getsebool allow_console_login
allow_console_login --> off
複数のブール値を表示するには、空白で区切られたリストを使います。
~]$ getsebool allow_console_login allow_cvs_read_shadow allow_daemons_dump_core
allow_console_login --> off
allow_cvs_read_shadow --> off
allow_daemons_dump_core --> on