Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.10.4. tar を使ったファイルのアーカイビング

tar はデフォルトでは 拡張属性を維持しません。SELinux コンテキストは拡張属性に保存されるので、ファイルをアーカイビングするとコンテキストは失われます。tar --selinux を使ってコンテキストを維持するアーカイブを作成します。tar アーカイブが拡張属性のないファイルを含む場合システムデフォルトに拡張属性を適合させたい場合は、restorecon をアーカイブで実行します。
~]$ tar -xvf archive.tar | restorecon -f -
注記: ディレクトリーによっては、Linux root ユーザーで restorecon コマンドを実行する必要があることもあります。
以下の例では、SELinux コンテキストを保持する tar アーカイブの作成方法を説明します。
  1. Linux root ユーザーで touch /var/www/html/file{1,2,3} コマンドを実行し、3 つのファイルを作成します (file1file2file3)。これらのファイルは、/var/www/html/ ディレクトリーからの httpd_sys_content_t タイプを継承します。
    ~]# touch /var/www/html/file{1,2,3}
    ~]# ls -Z /var/www/html/
    -rw-r--r--  root root unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0 file1
    -rw-r--r--  root root unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0 file2
    -rw-r--r--  root root unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0 file3
    
  2. cd /var/www/html/ コマンドで /var/www/html/ ディレクトリーに移動します。その後、Linux root ユーザーで tar --selinux -cf test.tar file{1,2,3} コマンドを実行し、test.tar という名前の tar アーカイブを作成します。
  3. Linux root ユーザーで mkdir /test コマンドを実行し、新規ディレクトリーを作成します。そして chmod 777 /test/ コマンドを実行し、全ユーザーに /test/ ディレクトリーへの完全アクセスを可能にします。
  4. cp /var/www/html/test.tar /test/ コマンドを実行し、test.tar ファイルを /test/ ディレクトリーにコピーします。
  5. cd /test/ コマンドを実行し、/test/ ディレクトリーに切り替え、このディレクトリー内で tar -xvf test.tar コマンドを実行して tar アーカイブを抽出します。
  6. ls -lZ /test/ コマンドで SELinux コンテキストを表示させます。httpd_sys_content_t タイプが維持されます。--selinux が使われていなければ、default_t に変更されます。
    ~]$ ls -lZ /test/
    -rw-r--r--  user1 group1 unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0 file1
    -rw-r--r--  user1 group1 unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0 file2
    -rw-r--r--  user1 group1 unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0 file3
    -rw-r--r--  user1 group1 unconfined_u:object_r:default_t:s0 test.tar
    
  7. /test/ ディレクトリーが不要であれば、Linux root ユーザーで rm -ri /test/ コマンドを実行し、ディレクトリーとその中の全ファイルをを削除します。
拡張属性すべてを保持する --xattrs オプションなどの tar に関する詳細情報は、tar(1) man ページを参照してください。