Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.12.3. 特別の MLS 範囲を持つユーザーの作成

特別の MLS 範囲を持つ新規 Linux ユーザーを作成するには、以下のステップにしたがいます。
  1. useradd コマンドで新規Linux ユーザーを追加し、このユーザーを既存の SELinux ユーザーにマッピングします (このケースでは、user_u)。
    ~]# useradd -Z user_u john
  2. 新規作成の Linux ユーザーにパスワードを割り当てます。
    ~]# passwd john
  3. semanage login -l コマンドを実行し、SELinux ユーザーと Linux ユーザー間のマッピングを表示します。出力は以下のようになります。
    Login Name                SELinux User              MLS/MCS Range
    
    __default__               user_u                    s0
    john                      user_u                    s0
    root                      root                      s0-s15:c0.c1023
    system_u                  system_u                  s0-s15:c0.c1023
    
  4. ユーザー john の特定範囲を定義します。
    ~]# semanage login --modify --seuser user_u --range s2:c100 john
  5. semanage login -l コマンドを実行し、SELinux ユーザーと Linux ユーザー間のマッピングを表示します。ユーザー john に特定 MLS 範囲が定義されていることに注意してください。
    Login Name                SELinux User              MLS/MCS Range
    
    __default__               user_u                    s0
    john                      user_u                    s2:c100
    root                      root                      s0-s15:c0.c1023
    system_u                  system_u                  s0-s15:c0.c1023
    
  6. john のホームディレクトリーのラベルを修正するには、以下のコマンドを実行します (必要な場合)。
    ~]# chcon -R -l s2:c100 /home/john