Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.10. SELinux ラベルの維持

このセクションでは、ファイルおよびディレクトリーのコピー、移動、アーカイビングによる SELinux コンテキストへの影響を説明します。また、コピーおよびアーカイビング時にコンテキストを維持する方法も説明します。

5.10.1. ファイルおよびディレクトリーのコピー

ファイルまたはディレクトリーのコピーがない場合にこれらをコピーすると、新たなファイルまたはディレクトリーが作成されます。この新規作成のファイルまたはディレクトリーのコンテキストは、(オリジナルコンテキストを維持するオプションが使用されていなければ) オリジナルのファイルまたはディレクトリーのコンテキストではなく、デフォルトのラベリングルールに基づくことになります。例えば、ユーザーのホームディレクトリーに作成されたファイルは、user_home_t タイプのラベルが付けられます。
~]$ touch file1
~]$ ls -Z file1
-rw-rw-r--  user1 group1 unconfined_u:object_r:user_home_t:s0 file1
このファイルが /etc/ という別のディレクトリーにコピーされたとすると、この新しいファイルは /etc/ ディレクトリーのデフォルトのラベリングルールにしたがって作成されます。(追加オプションなしで) ファイルをコピーすると、オリジナルのコンテキストは保持されない可能性があります。
~]$ ls -Z file1
-rw-rw-r--  user1 group1 unconfined_u:object_r:user_home_t:s0 file1
~]# cp file1 /etc/
~]$ ls -Z /etc/file1 
-rw-r--r--  root root unconfined_u:object_r:etc_t:s0   /etc/file1
/etc/file1 が存在しない状況で、file1/etc/ にコピーされると、/etc/file1 は新規ファイルとして作成されます。上の例にあるように、/etc/file1 はデフォルトのラベリングルールにしたがって、etc_t タイプでラベル付けされます。
ファイルが既存ファイル上にコピーされると、ユーザーが --preserve=context などの cp オプションを指定してオリジナルファイルのコンテキストを維持しない限り、既存ファイルのコンテキストが維持されます。SELinux ポリシーは、コピー中にコンテキストの保持を妨げる可能性があります。
SELinux コンテキストを保持せずにコピーする

cp コマンドでオプションなしでファイルをコピーすると、ターゲットの親ディレクトリーからタイプを継承します。

~]$ touch file1
~]$ ls -Z file1
-rw-rw-r--  user1 group1 unconfined_u:object_r:user_home_t:s0 file1
~]$ ls -dZ /var/www/html/
drwxr-xr-x  root root system_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0 /var/www/html/
~]# cp file1 /var/www/html/
~]$ ls -Z /var/www/html/file1
-rw-r--r--  root root unconfined_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0 /var/www/html/file1
この例では、file1 がユーザーのホームディレクトリーに作成され、user_home_t タイプのラベル付けがされています。/var/www/html/ ディレクトリーは ls -dZ /var/www/html/ コマンドで表示されているように、httpd_sys_content_t タイプでラベル付けされています。file1/var/www/html/ にコピーすると、ls -Z /var/www/html/file1 コマンドにあるように httpd_sys_content_t タイプを継承します。
SELinux コンテキストを保持してコピーする

コピー時に cp --preserve=context コマンドを使うと、コンテキストを保持します。

~]$ touch file1
~]$ ls -Z file1
-rw-rw-r--  user1 group1 unconfined_u:object_r:user_home_t:s0 file1
~]$ ls -dZ /var/www/html/
drwxr-xr-x  root root system_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0 /var/www/html/
~]# cp --preserve=context file1 /var/www/html/
~]$ ls -Z /var/www/html/file1
-rw-r--r--  root root unconfined_u:object_r:user_home_t:s0 /var/www/html/file1
この例では、file1 がユーザーのホームディレクトリーに作成され、user_home_t タイプのラベル付けがされています。/var/www/html/ ディレクトリーは ls -dZ /var/www/html/ コマンドで表示されているように、httpd_sys_content_t タイプでラベル付けされています。--preserve=context オプションを使うと、コピー作業中に SELinux コンテキストを保持します。ls -Z /var/www/html/file1 コマンドにあるように、ファイルが /var/www/html/ にコピーされた際に、file1 user_home_t タイプは保持されています。
コピーおよびコンテキストの変更

cp -Z コマンドを使ってコピー先のコンテキストを変更します。以下の例は、ユーザーのホームディレクトリーで行われています。

~]$ touch file1
~]$ cp -Z system_u:object_r:samba_share_t:s0 file1 file2
~]$ ls -Z file1 file2
-rw-rw-r--  user1 group1 unconfined_u:object_r:user_home_t:s0 file1
-rw-rw-r--  user1 group1 system_u:object_r:samba_share_t:s0 file2
~]$ rm file1 file2
この例では、コンテキストは -Z オプションで定義されています。-Z オプションなしだと、file2unconfined_u:object_r:user_home_t コンテキストでラベル付けされます。
既存ファイル上へのファイルのコピー

既存ファイル上にファイルをコピーすると、(オプションを使ってコンテキストを維持しない限り) 既存ファイルのコンテキストが保持されます。例えば、

~]# touch /etc/file1
~]# ls -Z /etc/file1
-rw-r--r--  root root unconfined_u:object_r:etc_t:s0   /etc/file1
~]# touch /tmp/file2
~]# ls -Z /tmp/file2
-rw-r--r--  root root unconfined_u:object_r:user_tmp_t:s0 /tmp/file2
~]# cp /tmp/file2 /etc/file1
~]# ls -Z /etc/file1
-rw-r--r--  root root unconfined_u:object_r:etc_t:s0   /etc/file1
この例では、etc_t タイプのラベル付けがされた /etc/file1 と、user_tmp_t タイプのラベル付けがされた /tmp/file2 の 2 つのファイルが作成されます。cp /tmp/file2 /etc/file1 コマンドは、file1file2 で上書きします。コピー後に ls -Z /etc/file1 コマンドは、file1/etc/file1 を置き換えた /tmp/file2 からの user_tmp_t タイプではなく、etc_t タイプでラベル付けされていることを示しています。

重要

ファイルやディレクトリーは移動するのではなく、コピーしてください。こうすることで、正しい SELinux コンテキストでのラベル付けが確保されます。SELinux コンテキストが誤っていると、プロセスがそれらのファイルやディレクトリーにアクセスできなくなります。