Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.2. 新規 Linux ユーザーの制限: useradd

SELinux unconfined_u user にマッピングされた Linux ユーザーは、unconfined_t ドメインで稼働します。unconfined_u にマッピングされた Linux ユーザーでログインし、id -Z コマンドを実行すると、これが表示されます。
~]$ id -Z
unconfined_u:unconfined_r:unconfined_t:s0-s0:c0.c1023
Linux ユーザーが unconfined_t ドメインで稼働すると SELinux ポリシールールが適用されますが、unconfined_t ドメインで稼働する Linux ユーザーにほとんどすべてのアクセスを許可するポリシールールが存在します。制限のない Linux ユーザーが、unconfined_t ドメインから自身の制限のあるドメインへの移行が可能だと SELinux ポリシーが定義するアプリケーションを実行しても、制限のない Linux ユーザーはその制限のあるドメインの規定に拘束されます。ここでのセキュリティーの利点は、Linux ユーザーは制限なしで実行していてもアプリケーションには制限があることから、アプリケーションの欠点を悪用しようとしてもポリシーで制限できる、という点です。注記: これは、システムがユーザーから保護されるということではありません。ユーザーとシステムがアプリケーションの欠点による損害の可能性から守られるということです。
useradd で Linux ユーザーを作成する場合は、-Z オプションを使ってどの SELinux ユーザーにマッピングするかを指定します。以下の例では、新規の Linux ユーザー、useruuser を作成し、そのユーザーを SELinux user_u ユーザーにマッピングしています。SELinux user_u ユーザーにマッピングされた Linux ユーザーは、user_t ドメインで稼働します。このドメインでは、(passwd など) SELinux ポリシーが許可しない限り、Linux ユーザーは setuid アプリケーションを実行できず、susudo も実行できないので、これらのコマンドで Linux root ユーザーになることを防いでいます。
  1. Linux root ユーザーで useradd -Z user_u useruuser コマンドを実行し、SELinux user_u ユーザーにマッピングされる新規の Linux ユーザー (useruuser) を作成します。
  2. Linux root ユーザーで semanage login -l コマンドを実行し、Linux useruuser ユーザーと user_u の間のマッピングを表示します。
    ~]# semanage login -l
    
    Login Name                SELinux User              MLS/MCS Range
    
    __default__               unconfined_u              s0-s0:c0.c1023
    root                      unconfined_u              s0-s0:c0.c1023
    system_u                  system_u                  s0-s0:c0.c1023
    useruuser                 user_u                    s0
    
  3. Linux root ユーザーで passwd useruuser コマンドを実行し、Linux useruuser ユーザーにパスワードを割り当てます。
    ~]# passwd useruuser
    Changing password for user useruuser.
    New UNIX password: Enter a password
    Retype new UNIX password: Enter the same password again 
    passwd: all authentication tokens updated successfully.
    
  4. 現行セッションから一旦ログアウトし、Linux useruuser ユーザーでログインし直します。ログインすると、pam_selinux がこの Linux ユーザーを SELinux ユーザーにマッピングし (このケースでは user_u)、SELinux コンテキストを設定します。その後は、このコンテキストで Linux ユーザーのシェルが起動されます。id -Z コマンドを実行し、Linux ユーザーのコンテキストを表示します。
    ~]$ id -Z
    user_u:user_r:user_t:s0
    
  5. Linux useruuser のセッションからログアウトし、自分のアカウントでログインし直します。Linux useruuser ユーザーが不要な場合は、Linux root ユーザーで userdel -r useruuser コマンドを実行し、そのホームディレクトリーとともに削除します。