Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.12.4. Polyinstantiated ディレクトリーの設定

/tmp および /var/tmp ディレクトリーは通常、すべてのプログラム、サービス、ユーザーが一時的なストレージとして使用します。しかしこの設定では、これらのディレクトリーは競合状態の攻撃やファイル名に基づく情報漏えいに対して脆弱となってしまいます。SELinux は、polyinstantiated ディレクトリーという形で解決法を提供します。これはつまり、/tmp/var/tmp の両方がインスタンス化され、各ユーザーにはプライベートのように見えるということです。ディレクトリーのインスタンス化が有効になると、各ユーザーの /tmp/var/tmp ディレクトリーは自動的に /tmp-inst および /var/tmp/tmp-inst 下にマウントされます。
ディレクトリーの polyinstantiation を有効にするには、以下のステップにしたがいます。
  1. /etc/security/namespace.conf ファイルの最後の 3 行をコメント解除し、/tmp/var/tmp、ユーザーのホームディレクトリーのインスタンス化を有効にします。
    ~]$ tail -n 3 /etc/security/namespace.conf
    /tmp     /tmp-inst/            level      root,adm
    /var/tmp /var/tmp/tmp-inst/    level      root,adm
    $HOME    $HOME/$USER.inst/     level
    
  2. /etc/pam.d/login ファイルで pam_namespace.so がセッション用に設定されていることを確認します。
    ~]$ grep namespace /etc/pam.d/login
    session    required     pam_namespace.so
    
  3. システムを再起動します。