Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.8. file_t および default_t タイプ

拡張属性をサポートするファイルシステムでは、ディスク上に SELinux コンテキストがないファイルにアクセスがあった場合、SELinux ポリシーが定義するデフォルトのコンテキストを持っているものとして扱われます。共通ポリシーでは、このデフォルトのコンテキストは file_t タイプを使います。このタイプを使用するのはこの場合に限るべきで、そうすることでディスク上でコンテキストのないファイルがポリシーで区別可能になり、通常、制限されたドメインにはアクセス不可能になります。SELinux 実行中のシステム上では、全ファイルに SELinux コンテキストがあり、file_t タイプはファイル-コンテキスト設定では決して使われないため[9] file_t は正しくラベル付けされたファイルシステムにはあってはなりません。
default_t タイプは、ファイル-コンテキスト設定内の他のパターンのいずれにも合致しないファイルに使用され、これによってこれらのファイルをディスク上にコンテキストのないファイルから区別できるようになり、通常は制限されたドメインにはアクセス不可能になります。/mydirectory/ のようなトップレベルのディレクトリーを新たに作成すると、default_t タイプのラベル付けがされます。このようなディレクトリーにサービスがアクセスする必要がある場合、このロケーションのファイル-コンテキスト設定を更新します。ファイル-コンテキスト設定にコンテキストを追加することに関しては 「永続的な変更: semanage fcontext」 を参照してください。


[9] /etc/selinux/targeted/contexts/files/ 内のファイルがファイルとディレクトリーのコンテキストを定義します。このディレクトリー内のファイルは、restorecon および setfiles に読み取られ、デフォルトのコンテキストにファイルおよびディレクトリーが復元されます。